アドミッションポリシー
トップページ  >  アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

 
環境園芸学部環境園芸学科

環境科学を中心に据えて、人間と自然との調和を共通認識として、環境に負荷をかけないで持続できる循環型社会の実現に向けて、社会に貢献できる視野の広い園芸・造園・自然環境の分野における専門職業人を育成するために、次のような学生を求めています。

  1. 園芸・造園・自然環境の領域に関心をもって、自然科学と社会科学の基礎学力を備えている人
  2. 園芸・造園・自然環境の専門分野において、専門的職業人として社会で活躍したい人
  3. 持続可能な循環型社会の実現に向けて、社会貢献をしたい人
  4. 他者と協調・協力しあえる能力および相互に切磋琢磨し成長できる向上心を有する人
  5. 熱意をもって、必要な論理的思考・表現力・コミュニケーション能力に対する学習意欲を有する人
 
健康栄養学部管理栄養学科

生涯に渡って心身共に健康で過ごせるように、ライフステージを考慮した栄養教育・栄養指導ができるように、病態面・栄養面・調理面などから高度な知識や技術を習得し、食を通した健康支援のできるかつ地域に貢献できる管理栄養士を育成するため、次のような学生を求めています。

  1. 食を通して医療・福祉・教育などの分野で活躍したい人
  2. 人に対する思いやりがあり、相手の気持ちが理解できる人
  3. 人の健康や疾病、栄養、調理などに関心があり向上心を持ち社会貢献したい人
  4. 強い責任感と倫理観に支えられ、協調性があり豊かな人間性を備えている人
 
健康栄養学部食品開発科学科

教育目標および学位授与方針に掲げる人材を育成するため、高等学校などにおける学修を通して、基礎学力および主体的に学習する態度を身につけ、次のようなことを探求・習得して社会へ貢献したいという意欲をもつ人を受け入れます。

  1. 科学的思考や、バイオテクノロジーなどの科学技術を身につけたい人
  2. 食品の機能性と衛生・安全性を追求して、食と健康の問題に挑戦したい人
  3. 高品質食品の開発・加工・製造技術を習得したい人
  4. 食品の適正利用を習得したい人
  5. 社会人としての人間力、社会性、国際性などを習得したい人
 
人間発達学部子ども教育学科

本学部は、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭などの人間発達に関わる専門家として地域の核となり、「人の育ちと地域の育ち」を支援し活躍できる人を育てたいと願っています。そのために次のような資質を持つ学生を求めています。

  1. 人間と社会と自然について関心を持っている人
  2. 健康な心身と柔軟な思考力を持っている人
  3. 地域活動に人と協力して主体的に関わる意欲を持っている人
  4. 自然環境の問題に関心を持っている人
  5. 保育・教育への関心と情熱を持っている人
 
教養・教職センター

大学及び所属学科のアドミッション・ポリシーに加え、教職課程を受講する学生に以下の事項を求めます。

  1. 将来中学校・高校教諭若しくは栄養教諭として勤務を希望している人
  2. 主体的に学ぶ姿勢を持ち、在学中のみならず卒業後も継続的な自己研鑽を行なう意欲がある人
  3. 児童・生徒を教え導く職を目指す者としての倫理観を有している人
  4. 学科専門分野に興味関心を持ち、専門分野における学修に対して高い意欲を持っている人
 
大学院 園芸学・食品科学研究科

園芸学・食品科学研究科は、学術の理論および応用を教育・研究することにより、高度専門職業人を育成し、もって社会や文化の進展に寄与することを目的としています。この方針に従い、各専攻のアドミッション・ポリシーを以下のように定めています。

園芸学専攻では、植物の改良、環境保全および人や社会に対する新しい可能性を求めて、園芸・造園・環境に関する知識や技術を教育・研究するとともに、教養、人間力、社会性および国際性を身に付けることにより高度専門職業人として地域から全世界まで活躍できる人材の育成を目的としています。

したがって、本専攻では次のような人を求めています。

  1. 生物について興味があり、さらに深く学びたい人
  2. 園芸植物の栽培技術の開発、生理生態の解明、生産物の品質向上に関して興味のある人
  3. バイオテクノロジーによる育種、病害虫発生のメカニズム、植物由来の有用成分に関心の深い人
  4. 農林業をとりまく地域社会の現状に問題意識をもち、農林資源や自然環境を活かした地域活性化に関わる研究に意欲が旺盛な人
  5. さまざまな自然生態系に関心があり、人間と自然とが調和した社会のあり方を探求したい人
  6. 造園学・造園技術を活用し、庭園・公園や自然緑地など、幅広い緑地空間の創造・維持に必要な能力を深めたい人

食品科学専攻では、生命科学を基盤として食品に関する基礎的、応用的研究を行うことにより、食品化学、食品微生物、食品生化学分野に精通し、会得した知識技術を社会において有効に活用できる高度専門職業人を育成することを目的としています。

したがって、本専攻では次のような人を求めています。

  1. 食品について興味があり、さらに深く研究したい人
  2. 食品の機能性や栄養に関する基礎的・応用的研究に興味のある人
  3. 微生物の健康面への利用を、バイオテクノロジーの手法により有効に進めたい人
  4. 食品の安全・安心に生化学的視点からアプローチし、社会に役立てたい人
  5. 食品と生命科学に関する研究をしたい人
ページ上部に戻る