南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

大学案内
トップページ  >  大学案内  >  南九州大学50周年記念事業について

南九州大学50周年記念事業について

50周年記念ロゴについて

50周年記念ロゴ

50周年の数字の「0」部分がハートを表現し、愛情を持って育てられる若葉が、大学の成長と未来を表しています。


50周年に寄せて

寺原典彦学長

南九州大学は今年度で設立50周年を迎えることができました。

これもひとえに本学の教育研究や地域貢献活動に対しましてご理解・ご支援・叱咤激励をいただいた卒業生、保護者、高校関係者、自治体・団体ほか多くの関係の皆様方のお陰と心から感謝しております。

振り返れば、本学は昭和42年に宮崎県内唯一の4年制私立大学として、高鍋町のひばりヶ丘キャンパスに誕生いたしました。当時は全国でも珍しい園芸学科と造園学科を擁する園芸学部の単科大学として注目を浴びました。

その後50年の間に、地域社会の変化や要望に答えるように、しかし、決して本筋の園芸・造園学の基盤を変えることなく、学科・学部および大学院の新設やキャンパスの拡大・移転を経て、現在の2キャンパス・3学部・4学科・1研究科の体制を整えることができました。

そして、地域に密着した実学教育を通して、本学の理念・目的である「環境と生命の調和の持続可能な発展を踏まえた食・緑・人の専門職業人で、地方創生の担い手になる人材を育成する。」ことができるようになりました。卒業生も1万人を超え日本全国のみならず世界でも活躍しております。

日本に少子高齢化、グローバル化、知識基盤社会化などの大きなうねりが訪れている現在、大学教育は学生が「専門(学士)力」を身につけることは勿論のこと、激動の社会で生き抜くための「生きる力=人間力」を身につけることが、喫緊の課題となってきています。

そのために、学生が出口まで見据えた進路選択、能動的・主体的な学修習慣、学位にふさわしい能力の修得などができる教学の仕組みを確実に構築してゆきたいと決意しています。

これからの50年を見据えて、本学ならではの「南九大ブランド」の確立を夢見て、教職員協働で今まで以上に本学の維持・発展に取組む所存でございますので、皆様方の一層のご支援を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。

50周年記念事業

50周年記念式典のお知らせ

ただいま準備中です。

記念出版物

ただいま準備中です。

ページ上部に戻る