南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

FD活動報告
トップページ  >  FD活動報告  >  平成24年度  >  FD講演会報告

FD講演会報告

FD推進委員会では、平成22年度から大学でのFD活動の推進などを目的にFD講演会を実施してきている。平成24年度も1回の実施があり、多くの教職員が参加し充実した講演会となった。講演会の概要およびアンケートの結果について以下に記録しておく。

  • 日時:平成24年9月27日(木)14時00分~16時00分
  • 会場:宮崎キャンパス本館2階会議室/都城キャンパス本館2階多目的会議室
  • 講演タイトル:「ティーチング・ポートフォリオ(TP)の導入・活用について」
  • 講師:大学評価・学位授与機構 研究開発部 准教授 栗田 佳代子 先生
  • 参加人数:36人 【宮崎キャンパス 18人/都城キャンパス 18人】

TPとは、大学等の教員が自分の授業や指導において投じた教育努力の少なくとも一部を、目に見える形で自分および第三者に伝えるために効率的・効果的に記録に残そうとする「教育業績ファイル」、もしくはそれを作成するにおいての技術や概念および、場合によっては運動を意味する。TPの導入により、将来の授業の向上と改善、根拠の提示による教育活動の正当な評価、優れた熱心な指導の共有などの効果が認められる等の効果があると言われている。(2008年12月24日中央教育審議会(答申)「学士課程教育の構築に向けて」より)

この講演では、講師の栗田先生より、TPとはどういうものか、からTPの実践例とうについてご講演いただいた。さらには、ミニTPとして、実際のTPの作業を簡単に体験することもできた。TPの手法は各先生方でご理解いただき、今後の教育活動に役立てていただければと考えている。このTPは大学で組織的に実施していくこともできるが、まずはこの講演会を聴講して、その中で興味をもたれた先生方が個人単位で実施していくだけでもよいかと考えている。個人単位のTPの活動が大きくなってくれば、大学のFD活動の組織的な活動の事業の1つとして実施していくことも可能かと考えている。

アンケート結果(PDF:151KB)

ページ上部に戻る