学部学科・大学院
トップページ  >  学部学科・大学院  >  大学院 園芸学・食品科学研究科  >  大学院:食品科学専攻

大学院:食品科学専攻

食品科学専攻

新たな可能性を探して専門的な知識を学びます。

微生物の働きや細胞の実態を探求しながら「食」の新たな可能性を見つめる食品科学専攻。生命科学を基盤として食品に関する基礎的、応用的研究を行います。企業との共同研究などにも積極的に取り組んでいくため、現場のスペシャリストたちの技術と直にふれあう機会も多数です。

食品微生物分野

微生物が持つ様々な特性や機能性を健康面に利用する研究を行い、微生物利用のスペシャリストを養成します。

食品生化学分野

遺伝子やタンパク質の研究をもとに、食品の科学に生化学的アプローチができるスペシャリストを養成します。

  • [ 分子代謝制御学研究室 ] 紺谷 靖英 教授
  • [ 食品分子制御研究室 ] 中瀬 昌之 教授
食品化学分野

生体調節機能を持つ食品成分の構造と機能性について研究。食品・栄養化学のスペシャリストを養成します。

取得できる資格(教員専修免許)
  • 高等学校教諭専修(理科)
  • 高等学校教諭専修(農業)
  • 中学校教諭専修(理科)

※免許状の種類ごとにそれぞれ1種免許状を取得する必要があります。

ページ上部に戻る