南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

学部学科・大学院

学科紹介

人の育ち・地域の育ちを支える「せんせい」を育成
Point.1 保・幼・小・特別支援の資格・免許
保・幼・小・特別支援の資格・免許 イメージ

保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・特別支援学校教諭の4つの資格・免許の中から自分で選択し、幅広い知識と高度な専門性を身に付けた人材として活躍することができます。また、希望する資格・免許によってコース分けをしないので、乳幼児から児童までの発達や教育、福祉について学習を深めながら、進路をじっくり模索することもできます。


Point.2 在学中から大勢の子どもの笑顔と出会う
在学中から大勢の子どもの笑顔と出会う イメージ

本学科の教育の特徴は、カリキュラムの一環として、地域のボランティアや子育て支援など、現場を体験する機会をたくさん設けていることです。理論を実践し、実践から理論を考える--その繰り返しによって、保育・教育現場が求める実践的な指導力を着実に身につけていきます。


Point.3 自然の魅力を伝える
自然の魅力を伝える イメージ

環境や農、食の問題は教育においても重要なテーマになっています。本学科には、環境教育や農業体験、食育など、南九大の伝統と宮崎の豊かな自然を活かした科目があり、昔から子どもたちの心をとらえ、育んできた自然や生き物と触れ合う大切さを伝えられる人材を育成します。



人間発達学部 学部長 澁澤 透 教授 

知性と感性の豊かな実践力ある教育者の養成をめざします。 澁澤 透 教授

人間発達学部は、複雑化する現代社会の要請に応えうる高い力量を持った保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭の育成をめざしています。そのために大学での4年間の学びが着実に身につくような様々な仕掛けを用意しています。

第1に、「連携学校園方式」というもので、実習協力校との結びつきを深め、実習期間だけでなく、学校訪問やボランティア活動を通して現場から学べるようにしています。

第2に、1年生から始まるゼミで自らの学びや活動を話し合いを通じて振り返り、さらに各人が履修カルテを作成することで、経験を明日に生かすための省察力を高めていきます。

第3に、子育て支援センター、環境教育センター、うたごえ広場等の活動のなかで自ら学んだ内容を発表する場を持つことで、表現力の向上を図っています。

また、上海師範大学との協定に基づいて留学生の派遣や受入を行い、異文化間交流の機会を作っています。
こうした仕組みを有効に活用することで確かな知性と豊かな感性を育み大学生活を充実させ、生涯にわたって実践力ある教育者として学びつづけるための基礎力を培っていきます。ともに学び成長していく意欲ある人たちの入学を期待しています。


未来を担う子どもたちの健やかな成長のためには、いったいどんな"せんせい"が必要なのだろう。
それを実現するのが「子どもの心身」「地域」「自然環境」の3つの学習。
本学部では、時代と社会、地域が求めてやまない、これからの"せんせい"を育てます。 特色1「子供の心身」の学習 特色2 「地域」の学習 特色3 「自然環境」の学習

心 身

大切なのは子どもたちの心の理解
子どもが心身ともに健やかに育つことは、国や時代を問わず、全ての人々の願いといっても過言ではありません。しかし最近では、社会状況や人々の生活状況の変化の中でメンタルヘルスに関する課題を抱える子どもたちが急増しています。その対策に取り組むため、特に、子どもの心の発達に関する専門家の育成が求められています。

科目例
■発達心理学Ⅰ・Ⅱ ■子どもの食と栄養 ■子どもと食育 ■臨床心理学 ■子どもの保健ⅠA・ⅠB

矢印

学びの目標・特色

子どもの心の発達に対応していくために
子どもから大人への心身の成長発達について、多面的・総合的に学習していきます。

現場で役立つ心理学に関する科目も充実
たとえば「障害児心理学」「臨床心理学」「家族関係とカウンセリング」など心理学系の科目を用意しています。

地 域

地域で子どもを育み、見守ること
本格的な少子高齢化社会の到来に加え、最近では地域における家族間の付き合いも年々減少し、ひいては子どもを取り巻く人的環境が、ますます空洞化しつつあります。そこで現在、保護者や地域の人たちの意識を高め、子どもとその親、そして地域との交流を図ることにより「地域で子どもを育み、見守る」といった地域力の再生が、なにより望まれています。

科目例
■子どもと地域 ■子ども支援地域活動Ⅰ・Ⅱ ■子どもと手作り遊び ■子育て家庭支援論

矢印

学びの目標・特色

地域交流をもっと深めていくために
さまざまな地域活動を通じて"地域における子どもの育ち"について、体験的に学んでいきます。

日々の授業に加え学外活動にも積極参加
「子育て家庭支援論」「子どもと手作り遊び」などの科目のほか、数々のボランティアや子育て支援活動にも参加します。

自然環境

教育から始める継続可能な社会づくり
様々な地球環境問題が山積する現代社会。いま、身近な自然や農業、食育を通してESD を指導・実践できる "せんせい"が求められています。ESD とは文部科学省も推進する「持続可能な開発のための教育」。これからのサスティナブルな社会を担う"人"を育てる教育のことです。学校教育でも、ESD の視点を持った自然や農の体験活動の重要性が増しています。

科目例
■子どもと自然 ■子どもの野外レクリエーション ■環境教育論 ■自然と昆虫 ■グリーンツーリズム

矢印

学びの目標・特色

センス・オブ・ワンダーを子どもたちに
自然に対する「センス・オブ・ワンダー」を子どもたちに育むことができる知識と技術を学んでいきます。

食育から自然学習まで幅広い科目を用意
食育に関する科目をはじめ「環境教育論」「子どもと自然」「学校ビオトープ」などの科目を用意しています。

地域に開かれた3つの活動拠点!!

本学では、地域と密接な連携を持ち、教育と研究を実質化するための拠点を開設しています。

学外の先生方との共同研究の場
①『子どもの学び研究所』

学内で地域の親子と触れ合える
②『子育て支援センター』

環境教育プログラムを開発・実践
③『環境教育センター』


子どもの学び研究所ブログ
子育て支援センターブログ
環境教育センターブログ

就職

夢の保育士や小学校教諭に。活躍の場は全国各地に広がります
子ども教育学科就職率グラフ

子どもたちは未来の社会を築いていく、私たちみんなの大切な宝もの。保育士や小学校の教諭など、教育の現場が
若い教育者に寄せる期待は大きく、みなさんが活躍する場も全国各地に広がっています。

就職率 100%

⇒ おもな就職先はこちら

ページ上部に戻る