南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

学部学科・大学院
トップページ  >  学部学科・大学院  >  人間発達学部 子ども教育学科  >  特別支援学校教諭免許

特別支援学校教諭免許

「特別支援学校教諭一種免許状(知的障害・肢体不自由・病弱)」の取得も可能です!

特別支援学校教諭とは?

特別支援教育とは、障害のある子どもたちが自立し、社会に参加するために必要な力を育てるため、子ども一人ひとりの教育的ニーズを把握し、適切な指導及び支援を行うものです。近年では、従来の特殊教育の対象であった障害だけでなく、通常学級に在籍するLD、ADHD、自閉症スペクトラムといった発達障害のある子どもへのきめ細やかな対応が重要な課題となっています。本学科では、こうした特別なニーズのある子どもの主体性を尊重し、深い専門性と高い実践力を備えた教員の養成を目指します。

本学科において、『小学校教諭免許状』と『特別支援学校教諭免許状』を取得することにより、卒業後教育者としての、活躍の場が広がります。

  • 特別支援学校の教員
  • 小学校における特別支援学級や通級による指導を担当する教員
  • 通常学級に在籍しているLD、ADHD、自閉症スペクトラム等の児童に対して、きめ細やかな対応が可能な教員

特別支援学校教諭免許への道

1年次 基礎を学ぶ

特別支援教育の基礎知識を学びます。

2年次 理解を拡げる

人間発達の視座から、障害のある子どもの発達上の特徴と知的障害について理解します。

3年次 実践を深める
  • 発達障害(LD・ADHD・自閉症スペクトラム等)、肢体不自由、病弱、視覚障害、聴覚障害について学び、支援のあり方を考えます。
  • 小学校での教育実習を通じて、子どもを育む実践力を培います。
4年次 総合的な力を身につける
  • 障害に関連した教育学、心理学、医学等、多様な分野にわたる理論から実践まで、総合的な知識を修得します。
  • 特別支援学校での教育実習を通して、各種障害のある子どもの個々のニーズを理解し、支援のスキルを修得します。
  • 理論と実践を融合し、特別支援にたずさわる教員として必要な教養と深い専門性、高い実践力等、総合的な力量の形成を図ります。

授業科目

  • 基礎理論
  • 特別支援教育総論
  • 障害児教育入門
  • 実習
  • 教育実習(小学校・特別支援学校)
  • 心理・生理・病理
  • 知的障害児の心理・生理・病理
  • 知的障害児の心理と発達支援
  • 肢体不自由児の心理・生理・病理
  • 病弱児の心理・生理・病理

  • 教育課程と指導法
  • 特別支援教育課程論
  • 知的障害児教育
  • 肢体不自由児教育総論
  • 病弱児教育総論
  • 特別支援教育指導法
  • さまざまな障害と教育
  • 視覚障害教育総論
  • 聴覚障害教育総論
  • 重複障害児教育総論
  • LD・ADHD等教育総論
  • 自閉症児等教育総論


ページ上部に戻る