南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

学部学科・大学院

研究室紹介

園芸学分野 園芸生産環境専攻

蔬菜(主に野菜)・花卉・果樹及び作物のハイレベルな生産技術を習得する。

蔬菜園芸学研究室

蔬菜園芸学研究室

高品質・高付加価値の野菜作りを研究しています。

川信 修治 教授川信 修治 教授

施設園芸における光と温度を制御することにより、より安心して食べることのできる高品質・高付加価値の野菜栽培技術を目指しています。


山下 達也さん蔬菜園芸学 研究室 山下 達也さん (香川県立 高松南高等学校 出身)

一からつくりあげた栽培プラントでトマトの生育を観察。教授と新たな発見や課題をディスカッションしています。収穫したトマトを食べた感想も寄せられ励みになりました。

環境保全園芸学研究室

環境保全園芸学研究室

地球環境にやさしく人に安全な作物を研究します

山口 健一 教授山口 健一 教授

人と環境にやさしい植物保護・防疫について学びます。農薬や化学肥料に代わる有用微生物を探索し、その機能解析を行っています。


宮廻 京平さん環境保全園芸学 研究室 宮廻 京平さん (島根県立 松江農林高等学校 出身)

フィールドワークとラボワークの両方を経験しながら、微生物の働きを調べて農業などへの活用法を探っています。「社会にとって重要な研究をしている」という意識がやりがいです。

資源植物生産学研究室

資源植物生産学研究室

実際に作物を栽培しながら最良の解決策を見つけます

廣瀬 大介 教授廣瀬 大介 教授

本研究室では、フラクタル解析を用いて作物根系の構造と分布様相を明らかにし、このことから新たな生育特性を得ようと試みています。


田中 優さん資源植物生産学 研究室 田中 優さん (愛知県立 新城高等学校 出身)

数種のイネを水耕栽培し、硝酸態窒素とアンモニア態窒素を用いると根にどのような違いが生じるか学んでいます。自主性を大切に協力し合いながら課題を進めていけるのが魅力です。

農産物貿易研究室

農産物貿易研究室

グローバル化時代の農産物貿易を研究します

姜 暻求 教授姜 暻求 教授

FTA/EPAによる世界経済の地域統合が進んでいます。この動向によって農産物の貿易や流通が如何に変わるかを研究します。


日髙 英典さん農産物貿易 研究室 日髙 英典さん (宮崎県立 宮崎南高等学校 出身)

農林水産省のデータを分析して傾向を探るなど、農業に関する経済学を学んでいます。将来は農業を営む方々の経営相談を聞き、事業を続ける上での負担を減らしたいと考えています。

花卉園芸学研究室

花卉園芸学研究室

花卉の栽培・鮮度保持・開花調節を研究しています

長江 嗣朗 准教授長江 嗣朗 准教授

花卉園芸学研究室では、人々が花卉を広く愉しむことができるように、その栽培・鮮度保持における最適な条件を研究しています。


宮里 雅さん花卉園芸学 研究室 宮里 雅さん (沖縄県立 中部農林高等学校 出身)

絶滅の危機に瀕する植物の普及について研究しています。先生はただ教えていただけるだけでなく、ヒントを出して考える時間をつくっていただけるので、主体的に研究できるのが魅力です。

果樹園芸学研究室

果樹園芸学研究室

熱帯果樹やマイナー果樹の栽培に関する研究をします

前田 隆昭 准教授前田 隆昭 准教授

本研究室では、主に熱帯果樹やマイナー果樹の生理生態について学びます。様々な品種を導入し、各々の品種特性を明らかにしていきます。


大岩 幹明さん果樹園芸学 研究室 大岩 幹明さん (島根県立 松江農林高等学校 出身)

日本ではあまり流通していない、熱帯果樹の種子の発芽率や生育状態について調べています。実は日本での熱帯果樹の栽培面積は年々増えていて、研究を仕事に活かしたいと考えています。

園芸学分野 植物バイオ・育種専攻

植物の新品種開発ができる植物育種の専門家を養成する。

植物資源利用研究室

植物資源利用研究室

園芸植物を、"色"という視点で研究をします

山口 雅篤 教授山口 雅篤 教授

園芸植物が、どのような仕組みで多彩な色を発現しているのかについて、植物色素の観点から研究しています。また、植物の抗酸化物質についても研究しています。


熊谷 森生さん植物資源利用 研究室 熊谷 森生さん (京都府立 桂高等学校 出身)

高校で花の栽培を学んでいたこともあり、植物がどのように花色をつくるのか興味があってこの研究室を選びました。桜の色素成分分析やゴマの機能性成分の分析などを追究しています。

生物工学研究室

生物工学研究室

植物創出・品種改良の技術を開発しています

陳 蘭庄 教授陳 蘭庄 教授

植物栽培技術を基本とし、交配育種及び遺伝子組換え等による分子育種を取り組み、品種登録や有用遺伝子の機能解明を目指しています。


吉村 和人さん生物工学 研究室 吉村 和人さん (宮崎県立 高原高等学校 出身)

品種改良で新たな植物をつくりだす研究内容に興味を持ちました。一つの課題に全員が一緒に取り組み、意見交換を通してさまざまな知識や技術を学べるところが楽しいと感じています。

植物病理学研究室

植物病理学研究室

"敵を知り、見つけ出す"..."vs.病気"の基本戦略

菅野 善明 教授菅野 善明 教授

南九州地域の農作物に新しく発生した病気や大きな被害をもたらす病気を防除するため、病原体(糸状菌・細菌・ウイルス)の特定・発生生態の解明に取り組んでいます。


田中 勝さん植物病理学 研究室 田中 勝さん (香川県立 農業経営高等学校 出身)

熱帯系の植物に興味持ち、この大学を選びました。今は「サトイモの疫病」について研究をすすめています。植物の病気にまつわる実験を重ね、原因・対策を探っていくことにやりがいを感じています。

園芸育種学研究室

園芸育種学研究室

バイオテクノロジー技術を使い新品種の開発を目指します

杉田 亘 講師杉田 亘 講師

植物の持つ遺伝的多様性を利用して、DNA分析技術による遺伝様式の解明や植物培養技術による社会に貢献できる新たな園芸作物を創出することを目指します。


カラーピーマンカラーピーマンの輪切り カラーピーマン新系統の育成

緑虫感受性ピーマン抵抗性ピーマン 緑虫抵抗性の選抜

造園学分野 造園緑地専攻

緑空間づくりのプランニングや施工・管理ができる技術を修得する。

地域景観学研究室

地域景観学研究室

魅力ある景観を、認知科学的視点から研究します

平岡 直樹 教授平岡 直樹 教授

世界中の自然景観や都市景観について、歴史・文化的価値の探求や、どのように見る人に知覚されるかという認知科学的な視点から調査、研究しています。


榎薗 すみれさん地域景観学 研究室 榎薗 すみれさん (鹿児島県立 武岡台高等学校 出身)

今は鹿児島市内にある観光施設からの桜島の眺望について研究をしています。教授は学生の意志を尊重してくれるので、自分の興味あることをとことん追究できるのが魅力的なゼミです。

造園計画研究室

造園計画研究室

社会環境の再創生を目指した造園計画の研究

関西 剛康 教授関西 剛康 教授

活性化が必要な都市緑地や都市公園、テーマガーデン等を対象に、魅力的な造園計画や持続可能な連携・協働型の維持管理手法等について研究します。


西川 希さん造園計画 研究室 西川 希さん (兵庫県立 農業高等学校 出身)

地域の方々から依頼された「ローズガーデン」の再生を通して、庭園設計を学んでいます。今後はデザイン・設計の幅を広げるために、花の特性や木と花のバランスなどを勉強する予定です。

緑地生態工学研究室

緑地生態工学研究室

自然と共生した緑地を創造するための研究活動を行っています。

竹内 真一 教授竹内 真一 教授

豊かな緑と生物の多様性を確保した緑地を創造する技術および維持管理手法を探究することを目的として、国内外で研究活動を行っています。


谷本 祥之さん緑地生態工学 研究室 谷本 祥之さん (兵庫県立 播磨農業高校 出身)

講義を通して、緑化工学に興味を持ちました。今は、他大学と共同で離島でサトウキビの茎内流速測定をしています。将来はこの経験を活かして、人の役に立つ仕事に就きたいです。

緑地環境情報学研究室

緑地環境情報学研究室

緑地・環境を情報として捉え新しい解釈を発見・表現します

岡島 直方 准教授岡島 直方 准教授

緑地環境の創出に関わる論理を探ります。歴史的で特徴的な空間の造られ方、使われ方を観察・分析・解釈することから、具体的な造園空間をつくりながら、そのデザインを支える背後の考え方が何であったかを見つけ出すことまで行います。


杉山 光さん緑地環境情報学 研究室 杉山 光さん (沖縄県立 宮古総合実業高等学校 出身)

先生の講義や「石」が重視された背景を探る先生の研究内容と考え方に惹かれてこのゼミを選びました。今は学内の樹林地の利用価値について考察を重ねています。課題をクリアできると達成感があります。

造園学分野 花・ガーデニング専攻

植物の癒しの効果がもたらす生活環境の快適さを創造する。

庭園デザイン学研究室

庭園デザイン学研究室

日本庭園をはじめ、世界各地の庭園を探求します

牧田 直子 講師牧田 直子 講師

世界には日本庭園が500以上あります。国際文化交流において大切な役割を果たしています。様々な地域で様々な人がこれらの日本庭園を見て何を感じているのでしょうか。

公園や住まいなど、人の暮らしの中で庭園の役割はどうあるべきなのかを研究していきたいと思います。


日本庭園1日本庭園2 人々の暮らしと庭園のより良い関係を考えます。

社会園芸研究室

社会園芸研究室

ガーデニングで誰もが暮らせる地域社会づくり

林 典生 准教授林 典生 准教授

社会園芸研究室では、誰もが楽しめるガーデニング活動の開発・改善を通じて、関係者のいいところを引き出しながら、互いに支えあう社会づくりの研究を行っています。


高橋 健太さん社会園芸 研究室 高橋 健太さん (群馬県立 中之条高等学校 出身)

子どもから高齢者までどんな人でも楽しめるガーデニングを、和気あいあいとした雰囲気のなか追究しています。地域の皆さんと交流しながら実践・研究することにやりがいを感じます。

自然環境分野 自然環境専攻

地球の将来を担う世代への環境教育ができる人材を育成する。

緑地保全学研究室

緑地保全学研究室

自然環境の再生と修復の研究を行います

北村 泰一 教授北村 泰一 教授

自然界では様々な要因が密接に関連し、実験室等では再現できない複雑な生物相が営まれています。当研究室では、総合科学分野の視点から生き物の生息環境を研究しています。


有留 直道さん緑地保全学 研究室 有留 直道さん (鹿児島県立 鹿屋農業高等学校 出身)

フィールドワークにより、森林・渓流・干潟等の生き物生息環境を調査研究しています。私は絶滅が危惧されているニホンイシガメの生態解明と生息地保全がテーマです。ニホンイシガメには癒されます。

昆虫生態学研究室

昆虫生態学研究室

昆虫の生態から環境保全を考えます

新谷 喜紀 教授新谷 喜紀 教授

昆虫生態学研究室では、昆虫を中心とした小動物の生態を調べ環境保全や害虫防除に役立つような研究を行っています。


根本 優也さん昆虫生態学 研究室 根本 優也さん (千葉県立 成田西陵高等学校 出身)

身近な存在の昆虫の生態を、飼育や実験を重ねて解明しています。ある菌に感染すると雌の個体しか生まれなくなる種、通常の昆虫と異なる変態を遂げる種など興味が尽きません。

植栽環境研究室

植栽環境研究室

健全な樹木の生育と植栽環境を研究します。

日高 英二 准教授日高 英二 准教授

樹木の生育には植栽地の環境が大きく関わっています。環境因子と樹木の生育状況の関係を調べ、樹種の特性や環境耐性などと合わせて、環境整備の方法を検討します。


森 菜摘さん植栽環境 研究室 森 菜摘さん (静岡県立 浜北西高等学校 出身)

樹木医学や樹木学だけでなく、測量や環境調査についても学べることに惹かれて入室しました。研究室は少人数なので調査をする時は大変ですが、皆で協力し合って成し遂げた時には達成感があります。

ページ上部に戻る