南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

学部学科・大学院

カリキュラム

管理栄養士になるまでの流れ

管理栄養士は国が認める栄養関連の国家資格。
近年の高齢化や生活習慣病の増加に伴い、ニーズはますます高まるばかりです。

1年次(基礎分野)
1年次 イメージ

「管理栄養士」について理解をし将来像を固めていく

食べ物の栄養素や健康への基礎知識を「食品学」「調理学」「公衆衛生学」などで学んでいきます。また「生化学」や「からだと疾病」に関する基礎知識や、専門科目のスタートである「基礎栄養学」を学んでいきます。


2年次(専門基礎分野)
2年次 イメージ

「管理栄養士」を目指し専門的な知識を深めていく 

1年次で学習した「からだと疾病」、「食品学」などの科目について、実習を行い知識の定着をはかります。また「栄養教育論」、「給食経営管理論」、「応用栄養学」などの新しい科目が始まり、臨床への準備を行います。


3年次(専門分野)
3年次 イメージ

後期からスタートする臨地実習では
希望に沿った実習地へ

「給食経営管理論実習」や「臨床栄養学実習」などの実践系科目の実習を中心に学びます。また、学内実習で得た専門知識・技術を夏期および春期休暇中に「臨地・校外実習」として、管理栄養士の現場実習でさらに深めていきます。


4年次(専門分野)
4年次 イメージ

「管理栄養士」国家試験に向けてラストスパート

最終学年は各研究室へ配属され、それぞれの研究室で「卒業研究・専攻演習」に取り組みます。また、今までの学修の総まとめとして「管理栄養士演習」で栄養の専門職としての能力を高めると同時に、「管理栄養士国家試験対策」も 進めていきます。

南九州大学だと資格をとるのが早い!(管理栄養士の取得方法)
管理栄養士免許の取得方法

卒業後の流れ

卒業 栄養士免許取得

本学を卒業後県知事に申請

卒業後に取得できる資格

  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 栄養士免許
  • 栄養教諭1種免許
  • 食品衛生監視員・管理者
管理栄養士国家試験

国家試験は難関です。

国家試験は大変難しく、合格のためには卒業後の本人の努力が必要です。 本学では、在学中に国家試験合格レベルの知識を身に付けるため国家試験対策のための授業を行っています。

合格(実務経験不要)

管理栄養士国家試験合格率

管理栄養士国家試験合格率100% 平成27年5月時点全国平均合格率55.7%

管理栄養士 国家試験対策を重視!

対策1
3年次5月および翌年1月と、4年次5月から翌年2月まで、全12回の業者作成の全国模擬試験を無料で受けられます。

対策2
助手・教授を中心とした国試対策講座を週に3回開き、集団・個別対応を行っています。

管理栄養士免許

管理栄養士の活躍の場

  • 病院・診療所
  • スポーツ栄養分野
  • 食品関係企業
  • 学校・寮
  • 給食センター
  • 地域保健
  • 官公庁
  • 大学・研究機関
  • 福祉施設・介護施設

カリキュラム

教養科目
  • キャリア入門
  • 心理学
  • 人間形成論
  • 哲学
  • カウンセリング概論
  • 言葉と文章
  • 日本国憲法
  • 社会と経済
  • 化学Ⅰ・Ⅱ
  • 有機化学
  • 生物学Ⅰ
  • 統計学
  • 情報処理Ⅰ・Ⅱ
  • 英語Ⅰ
  • 英会話Ⅰ
  • スポーツプログラム
  • 生涯スポーツ
必修科目
  • 調理学
  • 調理学実習
  • 食事計画論,実習Ⅰ,Ⅱ
  • 食品衛生学
  • 食品衛生学実験
  • 管理栄養士演習Ⅴ
  • 基礎栄養学
  • 基礎栄養学実習
  • 応用栄養学Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
  • 応用栄養学実習
  • 栄養教育総論 ピックアップ
  • 栄養教育各論Ⅰ,Ⅱ
  • 栄養教育論実習Ⅰ,Ⅱ ピックアップ
  • 臨床栄養学Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ
  • 臨床栄養学実習Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ
  • 公衆栄養学Ⅰ,Ⅱ
  • 公衆栄養学実習Ⅰ
  • 給食経営理論Ⅰ,Ⅱ
  • 給食経営管理論実習Ⅰ,Ⅱ
  • 総合演習
  • 校外実習
  • 臨地実習
  • 管理栄養士活動論
選択科目
  • 食農教育
  • 園芸療法論
  • 臨床心理学
  • 専攻演習
  • 特別臨地実習
  • 卒業研究

Pick Up カリキュラム

栄養教育論

人を動かし導いていく栄養教育実践の技術を学ぶ。

栄養教育論 イメージ人の行動を科学的に捉えるスキルを習得。行動を踏まえた栄養教育のカウンセリング技術を学びます。卒業後すぐに"人を動かす"栄養教育ができるよう、現場の事例を示して講義します。


スポーツ栄養学概論

健康増進、競技スポーツの特徴を理解し栄養との関係について学ぶ。

スポーツ栄養学概論 イメージ運動、スポーツと栄養は生化学を介して密接に関係しています。増えたエネルギー消費をどう食事から補うか。疾病予防や貧血、脱水等の予防も含めてその理解を深めます。


からだと疾病実習

病気で苦しんでいる患者を食事面から支えられる人材に。

からだと疾病実習 イメージ一般の医療機関で行われる標準的な検査を学習。治療方針などを医師や看護師と対等に議論できるレベルの医学的知識を身につけます。食事面から病気の人を支える管理栄養士が目標です。


からだと栄養実験

動物飼育を通して栄養素の働きと必要性を学ぶ。

からだと栄養実験 イメージ栄養素の摂取の仕方は、ヒトの発育・成長に大きな影響を与えます。この実験では、動物を異なる栄養素量の飼料で飼育し、その発育・成長を観察することから栄養素の働きと栄養素摂取の必要性を学びます。


食品学実験

食品を科学の目で捉え基本的な分析技術を修得する。

食品学実験 イメージ食品を科学的に捉え、栄養・安全・嗜好・生理機能の観点から理解することは、管理栄養士として不可欠です。食品学実験では食品の成分分析の基本的技術を習得し、身近な食品に対する理解を深めます。


栄養教育論実習

栄養教育計画から実施まで実習で現場力を養う。

栄養教育論実習 イメージライフステージ別に適切な栄養教育を行うために、栄養教育計画から実施・評価までを実際に学びます。専門知識・技術を発揮し、高度な栄養指導を実践するための学習です。


ページ上部に戻る