南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

学部学科・大学院

学科紹介

知識と豊かな心のある管理栄養士を育成

学科の特徴

Point.1 人間性豊かな「管理栄養士」を育成
人間性豊かな「管理栄養士」を育成 イメージ

本学科では卒業と同時に「栄養士」の資格を取得。最終目標は、卒業と同時に受験資格が与えられる「管理栄養士」の国家試験合格です。
「管理栄養士」は傷病者の身体の状況に合わせ、専門知識・技術を発揮し、高度な栄養指導ができる人材。社会からの必要度・信頼度も高いのです。

Point.2 最新のチーム医療で重要なポジションに
最新のチーム医療で重要なポジションに イメージ

生活習慣病の増加で、栄養面から傷病者をサポートできる「管理栄養士」の活躍の場が拡大。
医師・看護師・薬剤師・管理栄養士などが協力し、各自の視点から意見や情報を交換し、より有効な治療を目指すチーム医療でも、大きな存在感を発揮しています。

Point.3 宮崎県内唯一だから実現するシステム

宮崎県内唯一だから実現するシステム イメージ2016年度現在、宮崎県において「管理栄養士」の資格取得を目指せるのは本学のみ。そのため地元志向の高い学生から厚い支持を受けています。
また宮崎県内で「管理栄養士」として実務経験のある教員も多数。就職先となる地元の医療・福祉施設や行政機関との太いパイプにも期待できます。

五感で感じる実践教育

管理栄養士の活躍の場
管理栄養士イメージ

管理栄養士とは
管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けて、高度の専門的知識、及び施設における特別の配慮を必要とする給食の管理をする人の事です。これらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことも出来ます。

栄養士との違い
都道府県知事の免許を受けて、栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事する人を指します。職場においては、栄養士は主に調理や献立作成等の給食管理業務、管理栄養士は、給食運営全般・栄養管理、チーム医療や栄養指導等が業務となります。

管理栄養士が求められる理由
医療制度改革で、特定保健指導ができるのは、医師、保健師、管理栄養士と明記されました。病院等における栄養業務で、保険点数加算が認められるのは管理栄養士です。近年は、生活習慣病等の増加により、栄養教育の必要性が認識されています。

TOPICS

食と農をキビリ隊:「食農教育」ができる人材育成のために「食」と「農」をキビる。

食と農をキビリ隊管理栄養学科ではJA えびの市青年部と協力し、2009年度から「食と農をキビリ隊」を結成して、「食」と「農」を「キビリつける(宮崎県の方言で" 結ぶ"という意味)」活動を行ってきています。
「食と栄養のプロフェッショナル」を養成している本学管理栄養学科と、「農」の専門家で青年部とが活動を通じて「食農教育」ができる人材を育成していこうというのがこの活動の狙いです。2013年度からJA宮崎中央青年部と活動を行っており、2016年はコメ作りを中心として田植えから稲刈りを行い、街市等での販売も行いました。

食を通した子どもとおとなの交流会:食を通して、子どもから高齢者までの交流・地域連携を深める地域貢献活動。

食を通した子どもとおとなの交流会の様子宮崎中央西まちづくり推進委員会の主催する「食を通した子どもとおとなの交流会」を2010年から開催しており今年で6年目となります。
この活動は、本学宮崎キャンパスの実習室を活用し調理を行い、一堂に会して食を共にすることで、親子づれの家族から高齢者までの交流や地域の連携を深め、社会貢献を行うことを目的として活動を行っています。14年度は「地産地消・簡単ピザ作り」、16年度は「和食に挑戦~うどん作り~」などを行いました。

サマーキャンプ(ETサークル):サポーターとして大きな役割を果たす、貴重な体験。

サマーキャンプの様子小児糖尿病サマーキャンプは昭和38年に東京から各地に広まり、宮崎県では昭和54年より開催して大きな成果をあげています。宮崎県糖尿病協会 小児糖尿病対策委員会が開催するこのキャンプに、毎年ETサークル(栄養士の卵のボランティアサークル)のメンバーが準備の段階から参加しています。
2月から始まる毎月の実行委員会、7月のプレキャンプ、そして8月のキャンプ本番となります。患者と家族、医師、看護師、検査技師とともに学生はサポーターとしての役割を果たし、貴重な体験をすることができます。

三大学連携による「食」と「畜産」の教育プログラム:大学の垣根を超え、食・農・畜産の基礎を学ぶことができる連携教育プログラム

調理教室の様子宮崎大学、東海大学および本学による三大学連携により「実践型適正家畜生産技術者養成教育」と題して、「適正家畜生産規範学」および「適正家畜生産規範学実習」が選択科目として開講されています。
この科目はこれからの日本の食と農(畜産)「農場から食卓まで~ farm to table ~」を担う人材育成を目標とする連携教育プログラムです。本学科からは畜産食品の栄養、畜産物を利用した食品加工、畜産食品の大量調理(フードサービス)等の科目を開講しています。この教育を受けた学生が栄養教諭などに就き、活躍しています。

⇒ 卒業後の進路はこちら

ページ上部に戻る