南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

学部学科・大学院
トップページ  >  学部学科・大学院  >  国外研修

国外研修

園芸先進国ニュージーランドで体験する人と自然との素晴らしい関係

参加者の集合写真

園芸先進国・ニュージーランドでは、「マセー大学」と連携して学生をサポート。 講義や実習をとおして体でスキルを習得します。農業実習では、生産から貯蔵、加工、流通、販売にいたるまでの一連の流れを見学。このほかにも、各種研究所やヒツジ農家、ワイナリーなどを訪問します。

研修の過程では、学生全員がホームステイを体験。現地での暮らしをとおして人や文化への理解を深めていきます。ニュージーランドの雄大な自然に育まれる満ち足りた15日間。 帰国後は、学生全員がレポートを作成し研修の成果を報告。国外研修では、見るもの、聞くものすべてが発見の連続です。それは、豊かな国際感覚と人間性を磨く貴重な体験となるでしょう。

研修日程(ニュージーランド 2005年度実績)
1日目 宮崎発ー福岡着 福岡発ーシンガポール着
シンガポール発ークライストチャーチ着
2日目 クライストチャーチ市内見学 ポートヒルで昼食
3日目 公園、ガーデンセンター、野菜有機栽培、ワイナリー見学
4日目 午前...花卉生産地見学
午後...果樹園見学 カイコウラへ
5日目 カイコウラで鯨ウォッチング アザラシ生息地見学
午後...休息とショッピング
6日目 ネルソンにて日本庭園(MITATION)見学、遺伝資源、植物、原生植物、管理園
7日目 果樹園、果物包装工場、花卉生産地見学
8日目 ブレンハイムにてブドウ園、オリーブ生産地見学
クック海峡をフェリーで渡りウェリントンへ
9日目 国立博物館、植物園見学 市中心地にて昼食
午後...パーマストンノースへ
10日目 午前...マセー大学見学 大学院研究発表、地学担当教員の講義
午後...ホームステイ先へ
11日目 午前...市中心部にグループごとに集合  ガーデン、ナーセリー、農場など見学
夜...ホームステイ先で第2夜
12日目 シャクナゲ園、原生植物園、ヒツジ農家見学
夜...お別れパーティー  修了式(モンゴリアン料理店)
13日目 パーマストンノース発オークランドへ
午後...シンガポールへ シンガポール泊
14日目 シンガポール植物園、オーチャード通り、ナイトサファリ
15日目 シンガポール発、帰路へ

上海の緑化事業を視察し、中国の伝統的造園技術にもふれる

シンポジウムでの研究発表の写真


現在、上海では2020年までに市内の35%を緑化する計画が進められており、その事業に参画している本学OBの案内で緑化工事の現場や整備されたビオトープ公園を見学することができます。

研修の主な目的は、上海交通大学の農業与生物学院園林環境科学系との学術交流。ふたつの大学の教員と学生が、シンポジウム形式で研究発表を行い、互いの意見を交換します。

参加者での集合写真

また、上海郊外の蘇州では、盤門、留園、拙政園、寒山寺などの庭園を見学。自然を最大限に生かした中国の伝統的造園技術と、上海市の環境緑化への取り組みは、学生たちに大きな刺激を与えてくれることでしょう。

ページ上部に戻る