南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

学部学科・大学院

学科紹介

食品開発を基礎から学び食の未来を創造する

学科の特徴

Point.1 従来の食品製造分野をさらに進化・飛躍
従来の食品製造分野をさらに進化・飛躍 イメージ

従来の食品製造の分野から、食の安心・安全や食品の機能性への理解を深め、さらに消費者の視点を加えた食品開発科学科。食品に対する消費者ニーズの多様化・高度化、衛生問題、フードビジネスの構造変化など、社会的背景に即した教育研究で、食品を「つくること」を学びます。

Point.2 食品のスペシャリストとはどんな人材?
食品のスペシャリストとはどんな人材? イメージ

食品開発科学科の教育目標は「食品のスペシャリストの育成」。スペシャリストの定義は、食品をつくる側(食品製造者)と利用する側(消費者)の両方の視点を持ち、安心・安全を追求できる人。さらに食品を通して健康を捉え、十分な技術と問題発見・解決能力を身につけた人材です。

Point.3 実社会で活かせる専門資格が充実
実社会で活かせる 専門資格が充実 イメージ

食品衛生管理者、食品衛生監視員の国家資格を卒業と同時に取得。農業高校と中学校理科・高校理科の教員免許も取得できます。また、近年人気の民間資格、フードスペシャリスト・健康食品管理士も、在学中に受験可能。これらの資格を実社会で活かせる能力を養う教育も万全です。

「わたしは食品開発ができます」と自信を持って言える人材を育成しています。

食品のスペシャリストイメージ

食品開発科学科の教育・研究の目的は、食品の機能性・安全性を熟知し、消費者と製造者の両方の視点に立って食品開発ができる「食品のスペシャリスト」を育成することです。
そのため、食品の「安全性・機能性(食を守り・活かす)」「開発・加工(おいしく創る)」「適正利用(正しく食べる)」の3つの分野を、学年ごとに基礎から基幹、さらに実学科目へと学習できるようにしています。

実学科目としては、食品学実験、食品開発実習、食品製造学外実習や、食品加工学、発酵食品学、パン・菓子製造学などが充実しています。
特に、食品開発実習Ⅲでは地域の食材を用い、ニーズのある新食品の開発をテーマとして取り組んでおり、地域連携や産官学連携による食品開発に向けた学びも進めています。
また、学生に高大連携や地域イベントに積極的に参加してもらい、高校生の課題研究やサポートなどをしてもらっています。このように、地域社会の要請に答え、かつ学生が満足して学ぶために正課・正課外の両方でスキルを身につけられるよう、さらにその知識や経験を将来活用できるよう配慮しています。
つまり、「食品について学んだ」だけではなく、「食品開発ができるようになった」といえる人材を育成しています。このように、当学科は食品に興味を持つ人や食品のスペシャリストになりたい人にはぴったりの学科です。みなさんのチャレンジを待っています!

消費者ニーズの多様化
  • ● 安心・安全な食品を食べたい!
  • ● 美味しい食品を食べたいが太りたくない!
  • ● 健康食品は安全なの?

TOPICS

食品製造学外実習~焼酎つくり~:開発から商品化に至るまでを実際に体験できます。

焼酎つくりの様子 3年生は、毎年夏季集中講義の実学教育の一環として、県内外の焼酎工場、菓子パン工場や公設試験研究機関において、「食品製造学外実習」を行っています。学外実習に際しては、県内外の企業や公設試験研究機関の関係者のご理解とご協力のもとに、工場での食品の製造や分析実習などを担当者の指導の下に行います。
今回、9月初旬に、延岡市の焼酎製造場において、2名の学生が焼酎用麹つくり、焼酎もろみの発酵管理、蒸留、瓶詰めなどの焼酎つくりを行いました。この食品製造学外実習(インターンシップ)に参加した学生たちにとって、通常の授業では経験できない工場現場での焼酎(食品)つくりなど、貴重な体験をすることができます。

異文化交流:ベトナムからの留学生が在籍しています。

異文化交流の様子 2015年11月、宮崎県庁において、南九州大学とベトナム社会主義共和国ナムディン省および宮崎県が農業近代化を目指すナムディン省の人材育成や技術交流などの分野で連携する合意書を締結しました。その一環として、食品開発科学科の3年生に1名、2年生に2名、1年生に1名(入学予定)のベトナムからの留学生が在籍しています。
留学生たちは言葉や生活習慣の壁を超えて、食品開発に必要な知識や技術を日々学んでいます。また在籍する日本人クラスメイトにも異文化交流の良い刺激となっています。

高大連携:高大連携がますます充実しています。

高大連携の様子 宮崎県立宮崎農業高等学校の食品工学科との高大連携は、「新しい食品の開発」を課題とし、平成22年度から開始されました。当学科の教員と学生が課題研究の支援を行い、高校生の熱心な取り組みにより、低アレルゲンのお菓子を開発するなどの成果をあげています。また、宮崎北高等学校サイエンス科のスーパーサイエンスハイスクールのための実験・実習指導や、平成24年度からは宮崎南高等学校との高大連携の一環として、受講希望生徒への公開授業を行いました。この公開授業は宮崎南高等学校の生徒が当学科の必修授業である「食品学Ⅰ」に参加・受講するものです。

「若紫」開発:開発から商品化に至るまでを実際に体験できます。

体にいいクッキー「若紫」「体にいいクッキー」作りを目指し、平成19年秋から当学科の学生が、宮崎県内の菓子製造販売業者と協力しあい、平成21年に「若紫」を完成させました。原料には宮崎県串間市特産のサツマイモ「宮崎紅」と、都城市特産の紫サツマイモ「アヤムラサキ」を使用しています。
このように、開発から商品化に至るまで、実際に地元の企業などと関わり合いながら、地域社会に貢献できる商品を開発できるのも、食品開発科学科の大きな魅力のうちの一つです。


⇒ 卒業後の進路はこちら

ページ上部に戻る