学部学科・大学院
トップページ  >  学部学科・大学院  >  健康栄養学部 食品開発科学科  >  食品開発の充実した施設設備

食品開発の充実した施設設備

充実の教育施設

食品を作るためには、様々な装置機材が必要です。
そしてその食品が確かに安全で安心できるものかを検証するためにも。南九州大学では、最新の設備機材を導入して各種の実習、実験を行なっています。

食品加工学実習室
食品加工実験実習室

様々な食品、例えばめん類や、豆乳や豆腐など大豆の加工品、かまぼこなどの練り物など日常生活にある多彩な食品の加工や品質評価などを実習します。


実験室1
実験室1

ここでは食品学実験の授業で食品に含まれる成分を分析・評価する場合などに使用します。


打ち合わせ様子

緻密な実験を行うためには、あらかじめ丁寧な手順の打ち合わせが不可欠です。


役割分担をしている様子

実験はグループ単位で互いに役割を分担して行います。


作業様子

正確な計測を行うためには、細心の注意を払って作業しなくてはなりません。


実験室2
実験室2

食品衛生学実験などの授業で使う教室です。ここで微生物検査の基礎的な操作を学び実際に細菌や寄生虫の検出や培養を行います。


ページ上部に戻る