南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

Natural Beauty な人々
トップページ  >  Natural Beauty な人々  >  遠藤晃 教授

遠藤晃 教授

子どもたちが持つ生きる力を もっと引き出すために、先生も変わろう

私は、自然を活かした課題解決型の環境教育に取り組んでいます。

沖縄県座間味村の小学校では、総合学習で、地域に生息するケラマジカの研究を指導してきました。指導といいますが、ここでの私の役割は「ケラマジカを調べよう」と提案し見守るだけ。シカの食べ物、角、戦い、子どもたちから知りたいことがあふれ出ます。

テーマも調べ方もまとめ方も、決めるのは子どもたち。そこに模範解答はありません。知りたいことを、科学の手順で、調べてわかったこと。それが"正解"です。そんな学びを経験すると、子どもたちはまるでカゴから出された鳥のように羽ばたきます。いきいきと興味を自由に解放し、研究者も気づかないシカの行動を発見。ついには沖縄の学会で発表まで。

子どもたちは無限の力を持っています。それに自分で気づき、自信を持てば、生きる力もたくましくなります。知識だけを教え込む教育。これを考え直すタイミングはまさに今。教える側から変わらなくちゃ、と子どもたちに教えられました。

 

file7subMds.png

●子ども主体で物事を決定

ケラマジカの研究では、子どもたち自身がテーマを決定。自分が興自分が興味を持ったことに、自分の知識や経験を駆使して取り組むので、主体的で、より深い学びとなりました。

身近な自然を活かした、この学び方は今、宮崎県の小学校にも広がっています。

本当に知りたいことを学ぶという仕組みづくりが大切です。

教育の流れは今、アクティブ・ラーニング* にむかっています。大学ではESD** を通して、それに対応できる先生を育てています。

* アクティブ・ラーニング:主体的・協働的な課題解決学習
** ESD (Education for sustainable development) :持続可能な開発のための教育


file7sub2.jpg

●ユニークな野鳥図鑑も完成!

座間味村立阿嘉小学校の子どもたちは地元の野鳥図鑑を作成。それぞれの鳥にオリジナルニックネームを英語でつけたり、観察ポイントの地図や鳴き声を記録するなど、子どもたちの自由な発想が光っています。
ここには、国語や算数、理科、社会、図画工作、そして英語。学校で習った知識や技能が総動員されています。また、表現することで、他とのコミュニケーション能力の育成につながっています。


プロフィール

遠藤 晃 教授

人間発達学部 子ども教育学科

宮崎県出身。専門は動物の生態学。沖縄や宮崎の小学校で、ニホンジカや田んぼの生き物など、地域の自然に即した課題解決型の環境教育・ESDに取り組む。第45回博報賞・教育活性化部門受賞。シカの好きなところは"つぶらな瞳"。

ページ上部に戻る