新着情報
トップページ  >  新着情報  >  子ども教育学科  >  子ども教育学科「『夢』を叶える塾」 都城市長講話

子ども教育学科「『夢』を叶える塾」 都城市長講話

2010年07月28日 更新

「『夢』を叶える塾」は、小学校・幼稚園・保育園の先生として必要な資質・能力を高めることを目的に毎週1回行っています。前半に「採用試験対策講座」を、後半に県内外で活躍されている方による「講話」や「演習」を行います。

長嶺市長講和

7月23日(金)は、長峯誠 都城市長に講話をしていただきました。

長峯市長は、高校時代から大学生、そして政治家になるまでの自分の歩みをユーモラスに話されながら、「夢を叶える」ことの大切さとその楽しさを学生たちにしっかり伝えられました。また、教育の楽しさや重要性、そして将来子どもの教育にかかわる本学科学生への期待も熱く語られました。

学生からの「『政治家になる』という大きな決断は大変なものだったと思いますが、それをつらぬけたのは、何が支えになったのですか。」「政治家としての夢は、何ですか。」等の質問に対しても、親切丁寧に答えていただきました。

学生からは、「長峯市長のおっしゃった『人から愛される人間』」になれるように努力したい。」「長峯市長の人柄に触れて、すばらしい方だなあと思った。この都城市に住んでよかった。」「長峯市長さんの話を聞いて、自分の弱さを改めて感じ、その弱さを克服する勇気をもつことができた。」等の感想が聞かれました。

長峯市長の講話は、学生にとって将来の「なりたい社会人像」を考える上で大きなインパクトを与えました。

長嶺市長、ユーモアあふれる語り話に聞き入る学生
質疑応答の様子
ページ上部に戻る