南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  子ども教育学科  >  子育て支援センター「あそびの教室 海辺のいきものになってみよう」を開催

子育て支援センター「あそびの教室 海辺のいきものになってみよう」を開催

2011年10月03日 更新

10月1日(土)に人間発達学部附属子育て支援センターにて、「あそびの教室 海辺のいきものになってみよう」を開催しました。

これは幼児とその保護者を対象とした工作教室で、去年に続き2回目の開催になります。今年は段ボールを使って、魚や動物、昆虫などをそれぞれの子どもたちが自由に作成しました。

美術が専門の古賀教授が中心となり、教員と学生と一緒に数か月かかって準備をし、当日も学生がボランティアで参加者された親子のサポートをしました。

人間発達学部はまだ1、2年生しかいませんが、学生たちの子どもたちや保護者への関わりもとても上手でした。

参加者のみなさんから、「来てよかった」「また来たい」という感想をいただきました。

学生にとっても、とてもよい経験になったようでした。

1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg

ページ上部に戻る