新着情報
トップページ  >  新着情報  >  子ども教育学科  >  「運動遊び」実技・講演会を実施しました

「運動遊び」実技・講演会を実施しました

2015年03月05日 更新

産学官連携バックアップセミナー(都城市・人間発達学部子どもの学び研究所の主催)を、2月28日(土)に実施しました。

今回は、「子どもの健やかな育ちをめざして ~子どものからだと心を育む『運動遊び』~」をテーマに、講師の渡辺敏明(信州大学准教授)先生のご指導による「運動遊びの実技」と「講演会」を開催しました。

運動遊びの実技には、幼児・児童その保護者約150名の方と、子ども教育学科の学生29名が参加して、楽しく運動遊びに取り組みました。

その後、保護者の皆さんに「子どものからだと心を育む『運動遊び』」講演会に参加いただき、講演会では、実技で体験した運動遊びの意図について、講師の渡辺先生から丁寧に解説していただきました。また、講演会のあいだ、実技に参加してもらった子どもたちには、子ども教育学科の学生25名による、ミュージカル劇、パネルシアター、読み聞かせなどの「夢かな劇場」に参加いただきました。

本セミナーに参加した約200名の参加者にとっては、運動遊びの重要さを認識するよい機会となりました。

運動遊びの実技①

運動遊びの実技①

運動遊びの実技②

運動遊びの実技②

講演会「子どものからだと心を育む『運動遊び』」

講演会「子どものからだと心を育む
『運動遊び』」

「夢かな劇場」

「夢かな劇場」

ページ上部に戻る