南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  子ども教育学科  >  ユネスコエコパーク綾町で子どもたちに環境教育を実践

ユネスコエコパーク綾町で子どもたちに環境教育を実践

2016年03月25日 更新

2016年3月6日(日)に綾町で行われた「森のめぐみの工作&散策」の散策の部において、子ども教育学科の学生たちが考案した環境教育プログラム「薪ストーブ」を、学生12人が親子など約40人を対象に実施しました。

この「森のめぐみの工作&散策」の取り組みは、森や林業などの大切さを知ってもらうために、「てるはの森の会」と「みやざきアートセンター」が企画・実施。

2月27日には「木工教室の部」がすでに行われており、3月6日の綾町の森での「散策の部」における体験活動の一環として南九大の環境教育センターへ、環境教育プログラム実施の依頼をいただいたものです。

■詳しい内容や当日の様子などはこちら(環境教育センターブログ)


また、当日の内容が新聞にも掲載されました。

20160308ユネスコエコパーク.jpg


ページ上部に戻る