新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  第52回技能五輪全国大会(造園部門)で銀賞を受賞 -8度目のメダル獲得!-

第52回技能五輪全国大会(造園部門)で銀賞を受賞 -8度目のメダル獲得!-

2015年01月16日 更新

平成26年11月28日から12月1日まで、中央職業能力開発協会主催、厚生労働省後援により愛知県で開催された第52回技能五輪全国大会の造園部門に、環境園芸学科4年の塚原遼祐と3年の山下真輝が出場し、銀賞を受賞しました。同大会では、満23歳以下の若者を中心に、41職種1,200名が「技」の日本一を競いました。

造園部門には、全国の代表25組50人が参加し、2人1組で競技時間11時間半の内に指定された3.5m×5mの区画に石積み、石張り、小舗石の敷設、木工、樹木や季節の草花の植栽、芝張りなどを行い、作業の正確さと早さを競いました。9月から3ヶ月間、本学フィールドセンターを舞台に研鑽を積んで大会に臨みました。

先輩方が毎年上位入賞をしており、プレッシャーが大きい中での大会でしたが、2人で切磋琢磨し、不安はしだいに自信へと変わっていき、本番では持てる力を出し切ることができました。

今回の受賞は、精神面で支えてくれた研究室の仲間や、指導してくださった先生方のおかげだと思います。支えてくださったみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。今後はこの賞を糧にさらに精進してゆきたいと思います。

環境園芸学科 4年 塚原 遼祐
3年 山下 真輝

庭園施工中1 庭園施工中2 庭園完成 銀賞受賞
ページ上部に戻る