新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  北京大学大学院(深圳市)にて講演をしました

北京大学大学院(深圳市)にて講演をしました

2014年03月07日 更新

緑地生態工学研究室の竹内准教授が、北京大学環境与能源学院の邱国玉教授の招聘により、"樹液流計測と灌漑・造園分野への適用"と題して、講演を行いました。

北京大学は中国の大学の最高峰に位置づけられており、大学院生は中国各地から集まってきます。現在、邱教授の研究室では、四川省にある世界遺産"九寨溝"において樹液流計測を行っており、そのデータの解釈について大学院生と討議しました。また、深圳市の都市緑化に関わる課題についても、樹液流計測の適用が予定されています。今後、共同研究への展開が期待されます。

※樹液流とは樹体内の水の流れであり、根から吸収された水が葉から蒸散するプロセスを幹部で捉える樹木の生体情報です。

北京大学大学院01 北京大学大学院02 北京大学大学院03 北京大学大学院04
ページ上部に戻る