新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  北京大学の若手研究者が一週間滞在しました

北京大学の若手研究者が一週間滞在しました

2016年11月15日 更新

10月29日~11月5日の一週間、北京大学環境エネルギー学院(広東省深圳市)のYan Chunhua氏が緑地生態工学研究室に滞在しました。過去に本HPで紹介しましたように、同研究室では北京大学の邱国玉教授と中国四川省の世界遺産"九寨溝"において共同調査を3年間行っています。その中心メンバーであるYan氏は、調査成果をとりまとめ、森林総合研究所(つくば市)の研究者の前で発表・討議し、今後の打ち合わせを行うために、来日しました。環境園芸学科の造園系の2年生・3年生の学生さんも九寨溝の研究成果(世界遺産"九寨溝"の流水環境に生育する樹木群の水利用特性について)を学ぶ機会に恵まれました。

pekin_01.jpg
講演中の北京大学のYan氏

pekin_02.jpg
九寨溝で調査中(H28.4)

ページ上部に戻る