南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  学生が学会の大会運営をサポート

学生が学会の大会運営をサポート

2017年06月29日 更新

日本雑草学会の第56回大会が宮崎市内のシーガイア・コンベンションセンターで開催されました。

この学会には、環境保全園芸学研究室(山口健一教授)が参加し、これまでの研究成果を口頭発表するとともに、学部4年生の山田(峻)くんと東峯さんがポスター発表を行いました。

本学会は30年ぶりに宮崎での大会開催となりましたが、今回は環境園芸学科の学生が大会の運営に携わり、週末を利用して他の大学や公的研究機関、企業研究者らと積極的に交流しました。

特に、本学の学生が担当した4FのC会場では、他大学に在籍する外国人留学生による研究発表が多く、英語でのプレゼンテーションや質疑応答など国際学会さながらの有意義な体験となりました。

会場の様子1 会場の様子2
ページ上部に戻る