南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  造園系実習で大石の据え付けを実施しました。

造園系実習で大石の据え付けを実施しました。

2017年12月04日 更新

造園系の実習時間に、大小の石の石組実習を行いました。昨年は殆どの日が晴れだった11月ですが、今回は曇天模様の中での実習になりました。今にも降りそうな雨を気にしながらの開始です。実際は何とか最後まで天気がもちました。大型のラフテレーンクレーンがフィールドセンターに現れました。重心のことや、後々どのような向きに据えたいかをイメージしながら、石にワイヤーロープをかけます。施工担当の教員から指導を受けながら、目標の場所へ誘導する玉掛け係、設置場所の整地をする係、石の表情を見て向きを指示する係などに学生が分かれて石を据えていきました。据え終わるとその場の雰囲気が引き締まった感じになりました。

kankyou_1204_HPsintyaku01.jpgのサムネイル画像 kankyou_1204_HPsintyaku02.jpgのサムネイル画像
ページ上部に戻る