新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  三股町と水耕栽培槽の貸借契約を締結しました

三股町と水耕栽培槽の貸借契約を締結しました

2019年07月24日 更新

令和元年7月9日(火)本学都城キャンパスおいて、三股町と本学との『六次産業化戦略作物営農定着化推進事業委託業務に伴う「町田式水耕栽培槽」の使用貸借契約』の調印式が遂行されました。
当日、上記契約書に三股町 木佐貫辰生町長と本学 寺原典彦理事長が捺印し締結しました。

これまで、三股町と本学では「六次産業化戦略作物営農定着化推進事業委託業務」の締結をしており、三股町における営農作物に関してさまざまな試験研究を実施しています。

今回三股町より貸借された新しい水耕槽を用いて経済性の高い作物を試験研究し、三股町の新たな六次産業化作物を提案すべく検討していきます。

20190724HP.JPG
ページ上部に戻る