新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  中国上海市における学外研修について Vol.1

中国上海市における学外研修について Vol.1

2019年03月14日 更新

環境園芸学科の2年生9名が、学外(国外)研修として、平成31年3月6日から5日間の日程で中国上海市を訪問しました。このプログラムは学生の学識向上、国際交流を目的とし、隔年で実施しています。

平成31年3月7日、上海農林職業技術学院を訪問し交流しました。

午前中は、双方の学生に向け、当校の牧田講師が『日本の庭』について講義しました。日本の庭園の成り立ちから現在に至る歴史を解説し、また、現在の日本庭園、海外の日本庭園と、世界中の日本庭園の利用や活用について講義しました。その後両校の学生が、学生生活や地域の特色などをプレゼンテーションしました。午後は伝統的な形式で物品を販売している人楽農貿市場、歴史的庭園を観光用に整備した酔白園(中国庭園)、遺跡を保存している廣富林遺址(遺跡公園)、古い街並みを再生した若者に人気の新しいスポットである新天地を視察しました。

HP20190228_01.JPG
牧田講師の講義「日本の庭」

HP20190228_02.JPG
当校の学生が学校生活について発表しました

HP20190228_01.JPG
上海農林の学生が学校生活について発表しました

HP20190228_02.JPG
上海農林で収穫した食材を本場の中華料理で
いただきました

中国研修01 (5).jpg
上海農林にて両校の教員と学生での記念撮影

HP20190228_01.JPG
自由市場見学

HP20190228_02.JPG
酔白池見学

廣富林遺址見学
引率された関西教授にディティールなど
専門的なことも学びました。
ページ上部に戻る