新着情報
トップページ  >  新着情報  >  管理栄養学科  >  「小児糖尿病ヤングフェニックスサマーキャンプ」に参加しました!

「小児糖尿病ヤングフェニックスサマーキャンプ」に参加しました!

2010年08月11日 更新

8月4日(水)~8日(日)、第32回小児糖尿病ヤングフェニックスサマーキャンプが宮崎県東諸県郡綾町のふれあい合宿センターで開催され、南九州大学からはE・T(栄養士の卵)サークルを中心に健康栄養学部管理栄養学科の学生18名が参加しました。

このキャンプは1型糖尿病の子供たちが4泊5日のキャンプを通して、病気を正しく理解し、日常生活の中で自信を持って適切な処置がとれる力を育てるために行われています。キャンプ中は、糖尿病教室や調理実習をはじめ、学生が考えたゲームや川遊びを体験し、学習や話し合いを通してさまざまな悩みを解決していく力が養われ、共同できる仲間をつくることができました。

賞状

授業で1型糖尿病の食事療法を学んだ学生たちも、一人ひとりの食事量やインスリン量を把握し、血糖コントロールのためのサポートを行いました。

そしてこのサマーキャンプに6年前よりボランティアで参加していたことが表彰され、宮崎県支部小児糖尿病対策委員会の栗林忠信会長、ヤングフェニックスはまゆう会の東宏信会長より感謝状と記念品をいただきました。

ページ上部に戻る