新着情報
トップページ  >  新着情報  >  管理栄養学科  >  管理栄養学科の学生が「かかし」を作りました

管理栄養学科の学生が「かかし」を作りました

2010年10月04日 更新

20101004a.jpg

管理栄養学科では,JAえびの市青年部と協力し,昨年度から「食と農をキビリ隊」を結成して,「食」と「農」を「キビリつける(えびの地方の言葉で"結ぶ"という意味)」活動を行ってきています。

「食」の専門家を養成している我々管理栄養学科と,「農」の専門家であるJAえびの市青年部とが活動を通じて「食農教育」ができる人材を育成していこうというのがこの活動の狙いです。昨年度は,「サツマイモ作り」を題材として活動し,今年度については「米作り」を題材として活動してきています。

20101004b.jpg

今年度の米作りでは,この活動の趣旨に賛同した管理栄養学科学生30名ほどが参加し,えびの市池島にある田んぼにおいて,7月上旬に田植えを行いました。8月と9月の夏休み中には,数人ずつのグループをつくり,秋に備えてかかし作りをしました。せっかく作るのだからということでコンテスト形式を採用し,各グループは発想力全開でかかし作りに取り組みました。その成果が写真の通りです。審査はこれからですが,各グループユニークなかかしに仕上がり,田んぼをにぎやかにしてくれています。

10月下旬あるいは11月初旬には収穫を行い,その後は収穫祭を行う等の活動を予定しています。

ページ上部に戻る