新着情報
トップページ  >  新着情報  >  管理栄養学科  >  スイーツレシピ開発の発表会が行われました

スイーツレシピ開発の発表会が行われました

2015年02月17日 更新

管理栄養学科では宮崎県が進める「みやざきフードビジネス振興構想」に関連して今年度は「宮崎県産野菜(黒皮かぼちゃ)・果物(日向夏)を使ったスイーツレシピ開発」に学生が中心となって取り組んできています。この取り組みは(一社)みやPEC推進機構が主催者となって進めるプロジェクトで、本学のほかに宮崎調理製菓専門学校、日章学園高等学校も参加しています。各校の学生・生徒がレシピを考案することによって、レシピ考案力を向上させることのみならず、宮崎の特産品の良さを知る機会とすることもこのプロジェクトの目的となっています。

先日は、宮崎の有名パティシエであるen haut(アンオー)オーナーシェフ芋生玲子氏やシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート総括総料理長ギー・ショク氏らによるレシピ選考会が行われ、本学からは以下の作品が選ばれました。

  • 黒皮カボチャのケーキ(管理栄養学科1年上熊須夏希さん考案)
  • 黒皮かぼちゃのシュークリーム(管理栄養学科1年坂口加奈さん考案)
  • 幸せ大福(管理栄養学科1年一氏佳奈さん考案)
  • まるごとカボロール(管理栄養学科2年中村仁美さん考案)
  • 日向夏のズッパ・イングレーゼ(管理栄養学科2年林真美さん考案)
  • 黒皮かぼちゃのミルフィーユ風タルト(管理栄養学科2年廣井千枝里さん考案)

2月11日(水)には、選考されたレシピの発表会がシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート内にある「かりの菜」にて開催され、本学からは、作品が選ばれました6名が参加しました。各校から選考された作品はすべて見た目も、味も大変素晴らしく、本学の6名の学生たちも自身の作品を食して大変満足そうでありました。

本学を含め入選された作品は、今後発表会会場である「かりの菜」にて一般の利用客にも3月末まで提供されることになっています。選出された作品の気になる方はぜひとも足を運んでいただければ幸いです。

管理栄養学科では今後もこのような活動をさらに進めていき、地元宮崎の特産品に対する理解をより深めることによって、地産池消をしっかり実践することのできる管理栄養士を養成してまいります。

スイーツレシピ開発の発表会01 スイーツレシピ開発の発表会02 スイーツレシピ開発の発表会03 スイーツレシピ開発の発表会04 スイーツレシピ開発の発表会05 スイーツレシピ開発の発表会06 スイーツレシピ開発の発表会07 スイーツレシピ開発の発表会08 スイーツレシピ開発の発表会09 スイーツレシピ開発の発表会10 スイーツレシピ開発の発表会11 スイーツレシピ開発の発表会12 スイーツレシピ開発の発表会13 スイーツレシピ開発の発表会14 スイーツレシピ開発の発表会15 スイーツレシピ開発の発表会16 スイーツレシピ開発の発表会17 スイーツレシピ開発の発表会18 スイーツレシピ開発の発表会19 スイーツレシピ開発の発表会20
ページ上部に戻る