南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  管理栄養学科  >  小山進氏のスイーツセミナーに参加しました

小山進氏のスイーツセミナーに参加しました

2015年09月19日 更新

一般社団法人みやPEC推進機構の「スイーツプロジェクト」の一環として、平成27年9月19日(土)、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート・コンベーションセンターにて、世界の「パティシエ・エス・コヤマ」のオーナーシェフ小山進氏の「スイーツセミナー」、テーマ『表現するショコラ~僕たちの仕事は伝えること~』が行われました。

宮崎製菓専門学校・県立宮崎農業高校・日章学園高校そして南九州大学の4校の生徒や学生、及び製菓に携わる方々総勢100名の参加でした。本学からは、六車学科長をはじめ、管理栄養学科教員や学生等27名が参加しました。未発表のショコラを含め、4種のボンボンショコラを小山シェフの解説をいただきながら世界を旅するかのようなストリーを想像し、試食させていただきました。その中の1つは、宮崎県の特産物で日向夏の皮、果肉、種をも含め圧をかけて加工したもので、とても歯触りや風味がよく、とても感動いたしました。

講演の中で、レシピを考えるアイデアは、日頃の生活の中にヒントがあることや、小山シェフがご幼少のころ、友だちと自然の中で遊んだことが礎になっているとのことでしたが、日々の生活の中での四季折々の自然の移り変わりや人との出会いや繋がりがとても大切であることを改めて考えさせられました。

本学の学生は、「人の健康維持・増進および生活の質の向上に貢献できる管理栄養士」を目指しています。
小山シェフのような世界的に活躍されている方を目の前で見てお話を伺うことでさらに一層、知識を深め、豊かな心をもち、自分自身を高めることになったと思います。

このような機会を与えてくださった、みやPEC推進機構の皆様をはじめセミナーの開催にご尽力いただきました方々に心から感謝いたします。

スイーツセミナーの様子 スイーツセミナーの様子 スイーツセミナーの様子 スイーツセミナーの様子
ページ上部に戻る