南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  管理栄養学科  >  スイーツ成果発表会で「アイデア賞」を受賞しました

スイーツ成果発表会で「アイデア賞」を受賞しました

2015年09月26日 更新

平成27年9月26日(土)、スイーツプロジェクト~スイーツ成果発表会が、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート・パインテラスにて、一般社団法人みやPEC推進機構の「スイーツプロジェクト」の一環として代表戸敷宮崎市長をはじめ、生産者、県関係者、宮崎製菓専門学校、県立宮崎農業高校、日章学園高校の3校、そして本学からは、入賞者5名を含む担当教員等10名が参加しました。

この「スイーツプロジェクト」は、昨年度から継続して行われていますが、本年度は、本学管理栄養学科の、2年生、3年生の授業の中で、「宮崎の野菜や果物」を使ったレシピ作成を行いました。

第1次審査は、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの統括総料理長ギー・ショク氏とシェフパティシエ日吉正人氏が、書類審査をされ、応募された163レシピから32レシピを選ばれました。

第2次審査は、8月31日に、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートで実際にレシピから32のスイーツを作り、審査を行い、4校の担当教員を含め9名の審査員が、見た目、味、宮崎らしさ、インパクトの観点から点数評価で高得点者20名が最終審査で選ばれました。本学からは、5名のスイーツが選ばれました。2年生木宮さん「カラーピーマン&ほうれんそうのパンナコッタ」、2年生黒木さん「佐土原なすチーズケーキ」、2年生中村さん「きんかんと日向夏のさわやかロール」、3年生刈茅さん「宮崎タルト」、そしてアイデア賞に輝いた2年生戸松さんの「なすとかぼすの爽やかゼリー」でした。

なすをデザートにするという発想には、審査員一同驚きましたが、ゼリーにすることでなすの触感も残り、カボスの少しすっぱい味ととてもマッチしていました。

このようなプロジェクトに参加させていただいたことで、宮崎県の風土や豊富な食材を見直すとても良い機会になったと思います。本学 管理栄養学科は、県内で就職する学生が多いので、将来、病院や介護施設等へ勤めることになりましても地場産物を活用する管理栄養士になってくれることと思っております。

なお、スイーツ発表会で紹介されました本学学生のレシピによるスイーツにつきましては、パインテラスにおいて、10月1日(木)から10月8日(木)の期間に提供されることになっております。是非、ご家族や、お友達と賞味していただければと思います。

最後になりますが、みやPEC推進機構のみな様をはじめ、学生のレシピを調理していただきましたシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートシェフのみな様、「スイーツプロジェクト~スイーツ成果発表会」の開催にご尽力いただきました方々に心から感謝いたします。

スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子
スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子
スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子 スイーツ成果発表会の様子
ページ上部に戻る