南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  管理栄養学科  >  スイーツプロジェクト研修行いました

スイーツプロジェクト研修行いました

2017年07月05日 更新

一般社団法人みやPEC推進機構と南九州大学の連携協定に基づき、みやPEC主催により「平成29年度スイーツプロジェクトスイーツ研修会」を6月22日(木)に、本学調理学実習室で行い、健康栄養学部管理栄養学科、同学部食品開発科学科2年生の学生100人程の学生、教員が参加しました。

この研修は、学生が考案した宮崎の食材を生かしたスイーツのレシピコンテストを行い、優秀なレシピを商品化しするためのものとして計画されています。

講師は兵庫県西宮に本店を構えるアンリ・シャルパンティエのパティシエ駒居崇宏先生と西山未来先生のお二人です。

駒居先生はフランスで開催された「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2017」世界大会でチームジャパンの一員として参加し、見事準優勝の快挙をおさめています。

今回の研修では、宮崎県産日向夏をテーマに「日向夏フィナンシェ」を実際に駒居先生、西山先生自ら作られ、その工程を解説しながら、学生達がスイーツレシピを作れるように、工程の解説以外にも自らが経験したことやスイーツへの思いなどを随所に織り込みながらの楽しい内容となりました。

また、西山先生により飴細工の手作業など普段では見ることができないスイーツの奥深い世界を垣間見る事ができした。

学生達は両先生の手際のよい作業や軽やかな語り口に魅了されていました。

最後に完成されたスイーツを全員で味わいました。

集合写真
集合写真

日向夏フィナンシェ
日向夏フィナンシェ

日向夏フィナンシェの解説
日向夏フィナンシェの解説

日向夏フィナンシェを試食中
日向夏フィナンシェを試食中

ページ上部に戻る