新着情報
トップページ  >  新着情報  >  管理栄養学科  >  産学官連携「ベジ活メニューコンテスト」最終審査会が開催されました!

産学官連携「ベジ活メニューコンテスト」最終審査会が開催されました!

2018年01月23日 更新

2018年1月20日に、本学・カゴメ株式会社主催、宮崎県協力、イオン九州株式会社・宮崎県栄養士会・辰元グループ後援による『家族で楽しめる「ベジ活メニューコンテスト」最終実技審査』が開催されました。

ベジ活メニューを考案したのは、管理栄養学科3年生全員と4年生の希望者計78名。個人もしくはグループで応募したもので、書類審査により以下の10メニューが選考され、最終実技審査が行われました。

                                                                      
・真っ赤なトマトの贅沢!チーズタッカルビ
・野菜とトマトソースの春巻き
・ひなた☀オムレツ
・鮭の洋風ちゃんちゃん焼き
・肉巻きおにぎり トマト煮込み
・ポークビーンズ
・簡単絶品!!さばと宮崎野菜のトマト煮込み
・ズッキーニの豚肉巻き~トマト味噌ソースをそえて~
・野菜たっぷり!カラフルトマトソースグラタン
・野菜たっぷりトマトスープ

審査員は、宮崎県健康増進課および農政水産部、イオン九州、カゴメ、本学教員などの産学官関係者が務めました。

寺原典彦学長、カゴメ㈱九州支店長増田様の挨拶のあと、本学科3年の朝留さん、稲田さんの司会で始まり、各組とも審査員の厳しい目を意識しながら手際よく調理を進めました。審査項目は家族で楽しめるメニューとなっているか、外食・療養食等への水平展開の可能性、ベジ活テーマとの合致度、美味しさ、一人前あたりの費用、調理の簡便さ、見栄え・盛り付け、その他の8項目で、各10点満点で審査されました。

実食審査のあと、見事、グランプリに輝いたのは湯浅歩美さんの「真っ赤なトマトの贅沢!チーズタッカルビ」。宮崎県産野菜をたっぷり使いトマト味のチーズソースが好評でした。また、特別賞として、宮崎県・イオン九州・宮崎県栄養士会・辰元グループの後援団体から各賞が発表されました。
会場ではテレビ・新聞各社の取材があり、当日のニュースでも紹介されました。

宮崎県民の野菜平均摂取量は、生活習慣病予防のための必要量の目安となる1日350gに対し、約100g不足しています。今回の優秀メニューは今後「宮崎県&カゴメ ベジ活・地産地消推しメニュー」に採用されるとともに、後援各団体において外食・療養食等へのメニュー化を図ることになっています。本学科学生が考案した美味しくて手軽なベジ活メニューが、広く宮崎県内・更には九州・日本中に拡がることを期待したいと思います。

学長の挨拶と会場の様子


実技・実食審査の様子


グランプリ受賞の様子

5表彰の様子.JPG
ページ上部に戻る