南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  日本学校農業クラブ全国大会(群馬大会)の視察・展示および教育懇談会に出席しました

日本学校農業クラブ全国大会(群馬大会)の視察・展示および教育懇談会に出席しました

2015年11月16日 更新

平成27年10月21日(水)~22日(木)に、日本学校農業クラブ全国大会(群馬大会)が行われ、各種発表・展示・大会式典の視察、および教育懇親会に出席しました。到着してすぐ、「プロジェクト発表」を視察し、農業高校生の研究レベル、そして、プレゼン能力の高さを認識することができました。
大会式典では石破茂国務大臣などの挨拶があり、また、本学が協賛大学ということで、寺原学長が登壇し紹介されました。その後、各種目の表彰と意見発表・プロジェクト発表の最優秀賞受賞者の発表等が行われ、いずれも力作ぞろいで、感動とともに発表した高校生の潜在的な能力の高さを感じました。

大会期間中は、式典会場入口に本学ブースの展示スペースを設けていただき、食品開発科学科と環境園芸学科の「日本学校農業クラブ等特待生制度」を利用して入学した在学生のメッセージを展示しました。入場する高校生が、先輩のメッセージを見つけて喜ぶ姿や、教え子のメッセージを見つけられた先生方から、高校時代の話を詳しく聴かせていただけるなど大好評でした。

式典当日の午後は、全国農業高校校長協会の「教育懇談会」(200人以上出席)に招待され、多くの校長先生方と情報交換をすることができ、また、本学食品開発科学科の開発商品(焼酎・ワイン・リキュール)の紹介もしていただき、改めて本学の取り組みと成果をご理解いただくことができました。

寺原学長コメント

国の根幹を担う農業、そして、農業高校の先生方と生徒の皆さんの役割と責任は、グローバル社会における国際情勢の変化に伴い、より大きくなるものと思われます。農業クラブ全国大会を視察し、農業高校の取り組みと指導される先生方のご努力そして、生徒の皆さんの頑張りと成長への効果は大きく、今後も農業クラブへの支援を充実していき、応援し続けたいと強く感じました。

これだけの大きな大会を準備・運営された関係者の皆様の御苦労と、大会まで勝ち進んで来られた生徒の皆さん、そして、ご指導された先生方のご努力に敬意を表します。農業高校の益々の発展と、生徒の皆さんのご活躍に期待したいと思います。

日本学校農業クラブ全国大会 日本学校農業クラブ全国大会 日本学校農業クラブ全国大会 日本学校農業クラブ全国大会
ページ上部に戻る