南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  宮崎県立都城きりしま支援学校との連携協定を締結しました

宮崎県立都城きりしま支援学校との連携協定を締結しました

2017年05月30日 更新

平成29年5月30日(火)都城キャンパス本館1階多目的会議室において、本学と宮崎県立都城きりしま支援学校の連携協定の締結がおこなわれました。

本協定の締結の目的は「相互の資源および機能を活かし、教育・研究及び地域社会の発展に資すること」です。


    【連携事項】
  1. 教育の充実・発展に関すること
  2. 学術研究の充実・発展に関すること
  3. 地域社会の発展に関すること
  4. その他、双方が必要と認める事項
  5. としています。

本学は、これまで「介護等体験」及び「教育実習」における学生の受け入れに当たって都城きりしま支援学校のご協力を得てきました。昨年来、きりしま支援学校の先生方と本学人間発達学部の特別支援教育担当教員が話し合いを重ねるなかで、双方向的な協力の体制が作れれば両校の教育研究にとって有益であるということが確認され、今回の包括的連携協定の締結の運びとなりました。

本協定を結ぶことにより、支援学校からは実習だけでなく教育研究の場を大学に提供することも可能であり、大学からは特別支援教育をはじめ、食育や園芸関係の研修会への協力なども可能になります。

両校が協力することで、さまざまな形での地域貢献につながればと考えています。

IMG_6829.JPG IMG_6832.JPG
ページ上部に戻る