南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  食品開発科学科  >  食品開発科学科の「食品開発実習I」授業で職人を招いて和菓子作りを行いました

食品開発科学科の「食品開発実習I」授業で職人を招いて和菓子作りを行いました

2013年12月25日 更新

食品開発実習Iの様子

食品開発科学科では、2年生対象の「食品開発実習I」授業(柏田教授担当)の特別講師による授業のひとつとして、延岡虎屋の上田耕市社長の和菓子つくりの心得の講義と、菓子職人の三輪健二さん指導による和菓子作り(ねりきり)の実習授業を行いました。

受講生達は大変興味を持って、カラフルな生和菓子つくりをしていました。

このような体験授業を通して、食品開発の意欲や地域食品産業への関心を高めてもらえたと思われます。

その時の様子は写真や新聞記事(PDF:666kB)から御覧ください。

ページ上部に戻る