南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  食品開発科学科  >  食品開発科学科教員が宮崎県学校農業クラブ連盟大会に参加しました

食品開発科学科教員が宮崎県学校農業クラブ連盟大会に参加しました

2012年09月26日 更新

kantei.jpg 平成24年6月20日(水)に「第63回宮崎県学校農業クラブ連盟大会」(日本学校農業クラブ連盟主催)が宮崎県立門川高校で行われました。食品開発科学科に参加依頼があり、関連教員が参加しました。

プロジェクト発表会は「日頃のプロジェクト活動の成果をパソコンとプロジェクターなどの視聴覚機器を使って発表することにより、クラブ員の科学的な資質の向上を図る」もので柏田教授が参加し、審査を行いました。

また、農業鑑定競技会は「教科の学習や学校農業クラブ活動で得た農業に関する知識・技術の成果を鑑定・判定・診断・審査技術にわたり、その実力を競い合い、職業的な能力を高めることを目的とする」もので、柏田教授、寺原教授、外山教授、中瀬准教授が参加し「食品科学分野」の出題・準備・打合せ・審査を行いました。

県内各農業高等学校から多くの選抜された農業鑑定競技者(高校生)が参加し、真剣に取り組んでいました。問題の内容も高度で、本競技参加の高校生が大学進学へ結びつく可能性が高いものと期待されました。
ページ上部に戻る