新着情報
トップページ  >  新着情報  >  食品開発科学科  >  南九大教員が「第64回 宮崎県学校農業クラブ連盟大会」に参加しました

南九大教員が「第64回 宮崎県学校農業クラブ連盟大会」に参加しました

2013年06月24日 更新

平成25年6月19日(水)に「第64回宮崎県学校農業クラブ連盟大会」(日本学校農業クラブ連盟主催)が宮崎県立高鍋農業高校で行われ、昨年に引き続き、食品開発科学科に参加依頼があり、関連教員が参加しました。

発表の部は農業に関する調査、研究の成果をビデオプロジェクターを使って発表する「プロジェクト発表」と日頃の学習の取組、農業や社会の現状に対する意見、将来の夢などについて発表する「意見発表」が南九州大学高鍋キャンパスを会場に行われ、外山教授が参加し、審査を行いました。


農業鑑定競技会の様子

また競技の部は「農業鑑定競技」と「農業情報処理競技」が行われました。「農業鑑定競技」は農業や食品などに関する動植物や器具等の実物あるいは写真を見て、その名称や使用方法等を答えるもので、高鍋農業高校体育館などを会場に行われ、寺原・柏田・外山・中瀬教授が「食品科学分野」での出題および審査を行いました。

さらに、農業に関する与えられたデータを処理し、表及びグラフを作成しそれに基づいて考察文書を作成する「情報処理競技」は情報処理センターの菅野・川信教授(環境園芸学科)が出題および審査を行いました。

宮崎県内各農業系高校から選抜された多数の高校生が参加し、真剣に取り組んでいました。本大会参加の高校生が大学進学へ結びつく可能性が高いものと期待されました。

ページ上部に戻る