南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  食品開発科学科  >  食品開発科学科寺原教授が日南保健所主催の食生活改善推進員研修会で講演しました

食品開発科学科寺原教授が日南保健所主催の食生活改善推進員研修会で講演しました

2013年07月18日 更新

日南保健所では健康づくり事業の一環として、地域の栄養改善の推進を図るため、管内(日南・串間地区)の食生活改善推進員に対して定期的に研修会を開いています。

photo17.jpg

平成25年度の研修会は,「カラフル野菜は才色兼備なすぐれもの」のテーマで、食品開発科学科の寺原教授が講演しました。豊富な宮崎の農産物食材(特にカラフル野菜・果物)の有色ポリフェノール成分が健康につながる才(機能性)、および色(おいしさ)を備えているかを解説し、どう有効利用するかを分かり易く解説しました。

約40名の日南保健所管内食生活改善推進員が熱心に聴講し、質問も多数ありました。

研修日時:平成25年7月2日(火) 15:00~16:00 (日南保健所多目的室)

ページ上部に戻る