南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  食品開発科学科  >  高等教育コンソーシアム宮崎公募卒論発表会で、吉田さんと松浦君が最優秀賞

高等教育コンソーシアム宮崎公募卒論発表会で、吉田さんと松浦君が最優秀賞

2014年03月03日 更新

jyusyou.jpg

受賞を喜ぶ3人

平成26年3月1日(土)に宮崎公立大学で開催された高等教育コンソーシアム宮崎の平成25年度公募卒論発表会で、食品開発科学科 発酵利用学研究室(外山英男教授)専攻生の吉田彩香さんと松浦千博君が最優秀賞を受賞しました。

研究題目は「地元産乾シイタケの食物繊維特性の比較とシイタケを用いた加工食品の開発」で、吉田さんは、県内各地の乾シイタケの食物繊維量を測定・比較し、食物繊維を豊富に含むシイタケの栽培条件に関する知見を得ました。

shiitake.jpg

「しいたけ煎餅」シイタケのうまみと
香りがたっぷりです。

また、松浦君は、県内産のシイタケと米粉を用いた「しいたけ煎餅」を開発しました。

これらの研究により、県内産シイタケの機能性向上、規格外シイタケの高付加価値化、そして6次産業化への道が大きく開かれました。

発表会日時:平成26年3月1日(土) 宮崎公立大学

ページ上部に戻る