南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  食品開発科学科  >  「焼酎」「ワイン」に関する内容で、日南振徳高校との高大連携授業を実施しました

「焼酎」「ワイン」に関する内容で、日南振徳高校との高大連携授業を実施しました

2015年08月13日 更新

食品開発科学科では、平成24年度より日南振徳高校と高大連携活動を行っています。

今年度の高大連携活動の一環として、8月4日(火)に柏田雅徳教授(発酵醸造食品学研究室)が「焼酎」に関する講義を、(合)香月ワインズの代表者香月公克氏が「ワイン」に関する講義を実施しました。

宮崎県立日南振徳高校の地域農業科食品専攻生の高校生たちが参加し、熱心に授業を受講していました。日南振徳高校では、これまで、高校で栽培した甘しょを使用した芋焼酎を製造しており、今回、焼酎製造の話やニュージーランドにおけるワイン製造の動画を用いたワイン製造の話などを熱心に聞いていました。日南振徳高校では、今後はワイン造りにも挑戦したいとのことです。

香月公克 氏による講義
講義を受けた日南振徳高校地域農業科食品専攻の学生
ページ上部に戻る