南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

新着情報
トップページ  >  新着情報  >  食品開発科学科  >  日南学園高校からプロジェクト学習の一環として来学

日南学園高校からプロジェクト学習の一環として来学

2016年10月31日 更新

日南学園高校では1年間を通じて、日南市の重点戦略プラン「創客創人」に沿って、地域が抱える課題から7つを設定し、グループごとにフィールドワークを重ね、頭と身体を使って課題解決にあたるプロジェクト学習が行われています。

今回、本学へ来学された4名は、日南でとれる農水産物を利用し、6次産業化につながる研究を行う「六次産業化プロジェクト」のメンバーです。当日は、本学食品開発科学科の外山英男教授より「発酵食品について」と同学科 山下博教授より「ビール醸造について」をテーマにそれぞれ食品開発のための基礎となる講義が行われました。

今後も連携し、試作品づくりなどに取り組む予定です。

=nichinangakuen01.jpg
「発酵食品について」講義を行う外山教授(写真左)

=nichinangakuen02.jpg
食品加工学実習室の見学の様子:
機器等の説明される中瀬教授(写真右)

ページ上部に戻る