学内施設
トップページ  >  学内施設  >  都城キャンパス  >  環境園芸学部附属フィールドセンター

環境園芸学部附属フィールドセンター

未来に向けて生きた園芸・造園・環境の技術を学ぶために。
約3ヘクタールの広大な敷地も私たちのキャンパス。

環境園芸学科附属のフィールドセンターは、キャンパスに隣接した約3ヘクタールの敷地内に温室24棟、実験圃場、樹木園、複合実習棟、モデルガーデン、植物生態園などを備えています。

温暖な気候である宮崎で成果を挙げてきた園芸教育は、この地域の特色を活かした豊富な作物を対象にしており、さらに施設栽培による周年栽培、生理、遺伝・育種学的な実践的な研究を行っています。造園教育は都市部における環境配慮型の造園空間整備という新たな課題にも取り組んでいます。

園芸と造園の伝統技術の継承とともに生産・設計・施工・管理という流れを重視した新しいガーデニングの領域についても取り組み、時代に即した斬新な実習プログラムの開発に余念がありません。

ネットワークを利用した温室自動制御

ネットワークを利用した温室自動制御 温室内の微気象環境をq制御できる遠隔操作システムを導入しています。これにより効率的な栽培管理と研究への利用を可能としています。

幅広く学べる充実の設備や環境
幅広く学べる充実の設備や環境

環境園芸学科では実践力の習得を目的として、各種実習・実験・演習科目に必要な施設・設備・機器を バランスよく整備・導入し、活用しています。そのうち代表的なものをここでは紹介します。

 ⇒ 印刷用PDF(A3:363KB)

フィールドセンター現況図
フィールドセンター現況図

↑番号をクリックすると詳細をご覧いただけます。

実習・研究圃場 実習・研究温室 フィールドセンター管理棟 モデルガーデン 複合実習棟 樹木生態園
圃場
圃場

学生たちが野菜や作物などを育成しています。
実習のみならず、卒業研究やサークル活動など様々な形態で利用されています。

close
温室
温室

蔬菜(そさい)、花卉(かき)、果樹、作物等を対象にハイレベルな生産技術を習得します。

人工気象室
人工気象室

温度と湿度のコントロールを中心に、微気象環境制御下で作物の生理生態の研究や微生物の活性などの調査・研究に活用しています。

close
管理棟
管理棟

環境園芸学科の教員がデザインしました。
3階建てで、事務室や多目的室、ホールなどがあります。

close
モデルガーデン
モデルガーデン

庭園の施工や管理技術を学びます。
ここで卒業制作に取り組む場合もあります。

ガーデニング実習
ガーデニング実習

色とりどりの花の苗を植えて、それぞれの花壇をつくります。学年が上がるにつれ、本格的なガーデニングの実習もあり、知識とともに技術を身に付けていきます。

close
屋内造園実習
屋内造園実習

屋内造園実習室も完備しているので、雨の日でも授業が滞ることなく実習が受けられます。

太陽光発電システム
太陽光発電システム

実習棟の屋根部には、太陽光システムを設置。
フィールドセンターの電力がまかなえます。

close
樹木生態園(造園学分野)
樹木生態園(造園学分野)

造園技能検定2、3級対応樹種を中心に約180種が植栽され、「樹木学」や「造園技能検定判断(樹木)テスト対策」等に利用されています。卒業研究では「移植後の樹液量の変化」といった複数年継続して行うテーマや「根系調査」の実験区としても活用されています。

樹木生態園(自然環境分野)
樹木生態園(自然環境分野)

樹木生態園は自然環境分野の実習においても、動植物の分類・生態を学ぶための実習地として利用されます。

close

実習に使用する主な機械

高所作業車

高所作業車 安全に管理作業を実施するために不可欠な作業車です。

移動式クレーン車

移動式クレーン車 樹木の移植や石組、石積み実習などに威力を発揮します。

バックホー(移動式クレーン仕様機)

バックホー(移動式クレーン仕様機) 大小4台を保有しています。操作実習にはフル活用します。

不整地運搬車

不整地運搬車 文字通り、整地していない場所でもキャタピラで自走が可能な作業機です。

トラクター

トラクター 圃場や温室内の耕うんだけではなくバケットを装着していることから運搬作業にも用います。学生実習でも活用しています。

管理機

管理機 畝立てや中耕・除草作業に用いる汎用管理機・小型耕耘機。これらを使って、農業機械の仕組みや操作方法の基礎を学びます。

樹液流測定装置

樹液流測定装置 樹体内の蒸散流を熱をトレーサーとして測定する装置です。

光合成測定装置

光合成測定装置 ポータブルな機器で園芸、造園植物の解析に活用しています。

ページ上部に戻る