南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

就職・資格
トップページ  >  就職・資格  >  卒業後の進路

卒業後の進路

環境園芸学部 環境園芸学科

今村 研斗 さん(2015年 3月卒業)環境園芸学部 環境園芸学科 卒業生
今村 研斗さん

大学での経験が社会人生活に活かされています
(JR九州ファーム 株式会社 勤務)

「将来は何をしようか」と悩んでいた在学中に、幅広く専門分野を学んだことがきっかけでニラの栽培・管理に従事することになりました。実際に仕事を始めてみると、大学での講義や実習で身に付けた知識、サークル活動でイベントの企画・運営をした経験を活かす場面が多々あります。

今村 研斗さん

これからの目標・夢
生産者として一人前になり、自分の農園からお客さまに安心・安全でおいしい野菜をお届けしたいと考えています。

後輩へのアドバイス
大学生活は社会人になるための準備期間でもあります。先輩や仲間との議論を通して、人間性を育むことも大切です。

松田 晴奈 さん(2015年 3月卒業)環境園芸学部 環境園芸学科 卒業生
松田 晴奈さん

多様な実習のおかげでスムーズに業務に取り掛かれました
(株式会社 琴花園 勤務)

花束のアレンジや、お葬式用の生花スタンド作成、接客、レジ、水替えなどを行っています。私の作品を購入してくださったお客様に喜んでもらえた時に、やりがいを感じます。辛い事もありますが、笑顔で接客することを心掛けています。

松田 晴奈さん

これからの目標・夢
花束・アレンジのスキルアップをして、お客様に喜んでもらえるものを作りたいです。将来は、コンテストで優勝するのが夢です。

後輩へのアドバイス
南九州大学はアットホームな大学です。一生付き合える友だちもでき、就職に有利な実習がたくさんあります。

健康栄養学部 管理栄養学科

谷口 智美 さん(2013年 3月卒業)健康栄養学部 管理栄養学科 卒業生
谷口 智美さん

チーム医療活動の中で一翼を担うことの喜び
(人吉医療センター 勤務)

医師や看護師、薬剤師たちとのチーム医療活動の中で、主にベッドサイドでの嗜好調査や病態に合わせた食事内容の調整などに携わっています。大学で習得した知識を生かしてさまざまな問題点を読み解き、総合的に栄養管理や指導を行えることに喜びを感じています。

谷口 智美さん

これからの目標・夢
チーム医療において栄養の専門家としての知識・技術・経験を深めて、幅広く対応できる管理栄養士を目指します。

後輩へのアドバイス
南九州大学なら講義や実習を通して自分が目指す管理栄養士像を見つけることができます。サークル活動や学校行事で多くの人と交流できるのも魅力です。

丸尾 英里 さん(2011年 3月卒業)健康栄養学部 管理栄養学科 卒業生
丸尾 英里さん

専門知識を生かして住民の栄養指導に従事
(日南市役所 勤務)

住民と直接関わりながら、一人ひとりの生活状況に合った栄養指導を行っています。人々との接し方をはじめ、大学で学んだ専門知識はすべて現在の仕事に役立っています。やりがいを感じるのは、住民から「頑張ります、ありがとう」などと言っていただいた時です。

丸尾 英里さん

これからの目標・夢
食事の困り事や相談がある時に、「あの人がいる」と思い出してもらえるような地域に根差した管理栄養士になりたいです。

後輩へのメッセージ
南九州大学では生きていくための基本である「食」を通して、社会と自分のために役立つ学習ができます。卒業後も先輩が力になってくれるので心強いです。

健康栄養学部 食品開発科学科

宮嵜 正浩 さん(2008年 3月卒業)健康栄養学部 食品健康学科 卒業生(現:食品開発科学科)
宮嵜 正浩さん

仕事の礎となるものを南九州大学の実学によって得た
(熊本県立芦北高等学校 農業科(食品製造部門)教諭 勤務)

高校で食品製造を中心に農業について教えています。実学が学べる南九州大学だからこそ得ることのできた食に関する知識が、現在の仕事の礎になっていることは間違いありません。日々生徒と接する中で、教科指導やクラスの生徒指導を通して成長を見られることはとても嬉しく、やりがいにも繋がっています。

宮嵜 正浩さん

これからの目標・夢
様々な問題を抱える生徒にもしっかり対応して、卒業や進路達成までのサポートができる教育のプロを目指します。

後輩へのアドバイス
南九州大学には一人ひとりの学生に家族のように接してくれる温かい環境があります。叶えたい夢を全力で応援してくれますよ!

竹田 由佳 さん(2015年 3月卒業)健康栄養学部 食品健康学科 卒業生(現:食品開発科学科)
竹田 由佳さん

南九州大学で学んだすべての知識が仕事に役立つと実感
(南日本ハム株式会社 勤務)

ウインナーやハム等に使用する添加物や調味料を計量する仕事をしています。添加物にはアレルギーの原因となるアレルゲンも含まれているため、大学で学んだ知識を活かし、危険性を理解した上で取り扱いには細心の注意を払っています。食品関係の法律なども含め、大学での学びはどれも仕事に役立っています。

竹田 由佳さん

これからの目標・夢
どの製品も自分一人で作れるものではないので、積極的に研修に参加して知識の幅を広げていきたいと思っています。

後輩へのアドバイス
大学生活では積極的に多くのことにチャレンジしてみてください。それによって、自分でも知らなかった長所や可能性が発見できると思います。

人間発達学部 子ども教育学科

東 貴秋 さん(2016年 3月卒業)人間発達学部 子ども教育学科 卒業生
東 貴秋さん

教員を目指す学生への支援が手厚い大学です
(宮崎市立 住吉小学校 勤務)

大学では専門知識だけでなく、人として、社会人として大切なことを学びました。また、教員を目指す学生、夢がある学生には手厚い支援があり、心の支えでした。同じ目標を持つ仲間と出会ったご縁は今も続いています。

東 貴秋さん

これからの目標・夢
教員として学校が良くなるために貢献したい。子どもたちにとって「こんな大人になりたい」と憧れる存在でありたい。

後輩へのアドバイス
目標や夢をとことん追求すれば、すばらしい仲間にも出会えます。大学はがんばる人を精一杯応援してくれますよ。

宮園 実佳 さん(2016年 3月卒業)人間発達学部 子ども教育学科 卒業生
宮園 実佳さん

卒業しても大学の先生に悩みを相談できます
(いなり認定 こども園(都城市) 勤務)

年少クラスの保育教諭として、子どもたちが笑顔で楽しい園生活が送れるように一人ひとりの気持ちに寄り添うことを大切にしています。大学で子どもと関わってきた経験があるため、悩んでも相談して前向きに進めます。

宮園 実佳さん

これからの目標・夢
子どもたちがあこがれるような、そして保護者から信頼されるような教諭を目指し、日々学んでいます。

後輩へのアドバイス
ボランティア活動やゼミ活動などさまざまな体験をしてください。学びが夢をかなえるきっかけになります。

ページ上部に戻る