ディプロマ・ポリシー
トップページ  >  ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー ■学士課程

本学の教育目標に掲げる「教養及び専門分野に関する知識・技能」、「人間力」、「社会性」、「国際性」を身に付け「地域社会に貢献する専門家」となるために、以下の能力を身につけ、卒業要件を満たした人に学位を授与します。
1.知識・理解を応用し活用する能力
(1)専門分野の知識・技能を修得し、それらを応用して地域・国際社会における課題解決に向けた企画・実行ができる能力
(2)幅広い教養を修得し、社会の多様性や人々の価値観を共有して、地域・国際社会の発展に貢献することができる能力
2.汎用的技能を応用し活用する能力
(1)自然現象や社会事象における多様な課題を発見し、『食・緑・人』を含む複眼的な思考から課題の諸要因について探究できる能力
(2)ICTを活用して多様な情報を収集し、その情報や知識を複眼的かつ論理的に分析して、言語やシンボルを用いて表現できる能力
3.人間力、社会性、国際性の涵養
(1)社会の一員としての意識を備え、自己の良心と社会の規範やルールに従って、社会の発展のために積極的に関与できる能力
(2)目標の実現のために、他者と協調・協働して行動できると共に、他者に方向性を示すことができる能力
(3)多様な言語を活用し、他者と意思疎通を図ることができる能力
(4)生涯にわたり、地域社会・国際社会の発展に寄与する学びを継続することができる能力
(5)自らを律して行動できる能力

 
環境園芸学部環境園芸学科

環境園芸学科の教育研究上の目的に沿って、所定の単位を修得し、次のような能力を備えた学生に対して、卒業の単位を認定して学士(農学)の学位を授与します。

  1. 園芸・造園・自然環境の専門分野にかかわる多様で学際的な知識や方法論について体系的に身につけた人
  2. 園芸・造園・自然環境の専門分野における専門職業人として必要な基礎的知識や技術を身につけた人
  3. 身につけた知識や技術を駆使して、園芸・造園・自然環境の専門分野における持続可能な循環型社会の実現に向けた課題発見と問題解決ができる人
  4. 人間と自然との調和を生涯にわたり向上させる能力と、知識と技術を正しく応用するために必要な社会的責任観と倫理観を有している人
  5. 自分の考えを論理的にプレゼンテーションができ、組織や地域社会のリーダーとして他者と協力して問題解決に向けて行動できるコミュニケーション能力を有している人
 
健康栄養学部管理栄養学科

管理栄養学科の教育研究上の目的に沿った成績評価を行って所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(栄養学)の学位を授与します。

  1. 傷病者の療養のための栄養の指導などに必要な知識・理解・倫理観などを身につけた人
  2. 地域住民の健康の保持増進のため栄養の指導などに必要な技能・思考・判断力などを身につけた人
  3. 特定多数人に継続的に食事を供給する施設における給食管理などに必要な専門的技術などを身につけた人
  4. 豊かな食生活や望ましい食生活を送るために必要な技能・関心・意欲・社会的責任などを有している人
  5. 社会から求められる管理栄養士として自ら課題を発見しその解決のための能力・使命感などを探求できる人
 
健康栄養学部食品開発科学科

食品開発科学科の教育研究上の目的である「消費者のニーズを踏まえた食品を開発でき、食の倫理を含めてフードシステム全体を科学的に見渡せる実践的な人材である食品のスペシャリストの育成」に沿って、次のようなことを十分に習得し、食のスペシャリストとして社会へ貢献寄与できうる能力を身に付けた学生で、所定の単位を修得し、規程に定める要件に合格した学生は卒業を認定され、学士(食品学)の学位が授与されます。

  1. 科学的思考や技術を習得している人
  2. 食品の衛生と機能性について習得している人
  3. 食品の開発・加工・製造技術を習得している人
  4. 食品の適正利用を習得している人
  5. 社会人としての人間力、社会性、国際性を習得している人
 
人間発達学部子ども教育学科

本学部では、教育理念「道徳心を持ち、豊かな人間力と実践力のある人間を育成し、そのような人間力を育成できる指導者や人間形成に関われること」に基づき、次のような知識・技能を十分に習得し、人間発達の専門家として地域社会に貢献できる資質・能力を身につけます。所定の単位を修得した学生に対しては卒業を認定し、学士(教育学)の学位を授与します。

  1. 豊かな人間性と社会性を身につけている人
  2. 子どもの心身および子どもの学びについて深く理解し、ケアと指導ができる人
  3. 子どもと地域との関係について深く理解し、地域における支援活動ができる人
  4. 子どもと自然環境との関係について深く理解し、子どもの育ちを支援できる人
  5. 人間発達に関する総合的な見識と実践力を身に付けている人
 

ディプロマ・ポリシー ■修士課程

大学院 園芸学・食品科学研究科

園芸学・食品科学研究科では講義科目の受講状況および内容理解度、学習の主体性、実験研究・調査研究による専門知識や分析能力の修得に加えて、教養、人間力、社会性および国際性を身に付けることができたかどうか、プレゼンテーション能力の修得の度合い、作成された修士論文の内容などを総合的に評価し、合格すれば修士(農学)の学位を授与する。

ページ上部に戻る