学部学科・大学院
トップページ  >  学部学科・大学院  >  大学院 園芸学・食品科学研究科  >  大学院:食品科学専攻

大学院:食品科学専攻

食品科学専攻

新たな可能性を探して専門的な知識を学びます。

微生物の働きや細胞の実態を探究しながら「食」の新たな可能性を見つめる食品科学専攻。生命科学を基盤として食品に関する基礎的、応用的研究を行います。企業との共同研究などにも積極的に取り組んでいくため、現場のスペシャリストたちの技術と直に触れ合う機会も多数です。

食品科学分野

DNAレベルから食品にアプローチする。

遺伝子やタンパク質の研究をもとに、食品の科学に生化学的アプローチができるスペシャリストを養成します。

  • [ 食品分子制御研究室 ] 中瀬 昌之 教授
    食品成分について分子レベルで解明します。
  • [ 資源化学研究室 ] 生地 暢 教授
    生物資源を食と健康において有効利用する研究をしています。
  • [ 分子代謝制御学研究室 ] 紺谷 靖英 教授
    食品の生体調節機能を研究しています。
  • [ 素材応用研究室 ] 矢野原 泰士 准教授
    食品の保存性や機能性について研究しています。
ヒトの栄養に関わる食品成分の秘密に迫る。

生体調節機能を持つ食品成分の構造と機能性について研究。食品・栄養化学のスペシャリストを養成します。

  • [ 食品栄養化学研究室 ] 竹之山 愼一 教授
    食品の栄養・機能性評価等を主に行います。
微生物の力を借りて健康を増進する。

微生物が持つ様々な特性や機能性を有効に利用する研究を行い、微生物利用のスペシャリストを養成します。

  • [ 醸造微生物学研究室 ] 岡崎 善三 教授
    醸造酒・蒸溜酒のものづくりに挑戦しています。
  • [ 地域食品開発学研究室 ] 吉本 博明 教授
    六次産業化などを通じて地域特産品の開発を行います。
  • [ 食品微生物制御研究室 ] 長田 隆 准教授
    安全で効率の良い、食品の殺菌技術について研究しています。
ページ上部に戻る