学部学科・大学院

学科紹介

多くの子どもたちと触れ合える環境に感謝。

「緑」と「人」の学びがクロスするフィールドでスペシャリストを目指す!

人の育ち・地域の育ちをサポートできる人材を育成します。
保育士・教員養成を目的として、2010年に開設。10年の歩みのなかで培われた地域との密な連携による実践的な教育環境のもと、人間の発達をトータルに捉え、子どもの学びを支援する「子どもの専門家」を育成します。

こんな人を待っています
  • ◎子どもと接するのが好きな人
  • ◎保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭になりたい人
  • ◎学生時代により多く子どもとかかわりたい人
  • ◎保育・教育について4年間じっくり学びを深めたい人

子ども教育学科の魅力

人間発達に関わる専門家として地域の核となり、「人の育ちと地域の育ち」を支援し活躍できる人を育てます。

4種類の資格・免許で広がる活躍の場

4種類の資格・免許で広がる活躍の場 イメージ子ども教育学科では、『保育士』『幼稚園教諭一種免許状』『小学校教諭一種免許状』『特別支援学校教諭一種免許状』の4種類の資格・免許を組み合わせて2種類もしくは3種類の資格・免許を卒業と同時に取得することができます。家族の生活スタイルが多様化する中で、保育や教育の仕事に対する期待は高まり、保育者や教員はますます高度な専門性を求められています。本学科ではボランティア活動などを通して多くの子どもたちとかかわりながら専門性と実践力を身に付けます。複数の資格・免許を取得することで視野が広がり、教育現場で幅広く活躍できます。

【Aパターン】
保育士資格幼稚園教諭一種免許状小学校教諭一種免許状

【Bパターン】
幼稚園教諭一種免許状小学校教諭一種免許状特別支援学校教諭一種免許状

【Cパターン】新設 2020年度入学者から選択できるようになりました。
保育士資格幼稚園教諭一種免許状特別支援学校教諭一種免許状

学生の育ち・学びを支える"連携学校園方式"

学生の育ち・学びを支える南九州大学は、都城市・三股町・宮崎市・鹿児島県曽於市の教育委員会および幼稚園・保育園の関係機関と連携協定を結び、地域の小学校・幼稚園・保育園を実習校園としています。

・大学と実習校園は、
協働(同じ目標のために力を合わせること)して学生の指導にあたります。

・地域にある実習校園だから、
往還(大学と実習先を学生が行き来)することで実践的な学びも可能に!
年間を通して子どもたちの姿や成長、学校の雰囲気を体感することで恒常的な現場での学びが可能となります。学級運営や授業計画など実践的な指導力を身に付けられるようになっています。

なりたい自分に近づくための"夢を叶える塾"
なりたい自分に近づくためのなりたい自分に近づくための

将来なりたい自分(夢)を見つけ、その夢を実現するために必要な学びの習得を目的とした課外授業です。4年間の大学生活を送りながら、自分の「夢」をしっかりもち、自信をもって就職活動にのぞむための取り組みです。毎週1回開催し年間30回以上実施します。

地域に開かれた3つの活動拠点!!

本学では、地域と密接な連携を持ち、教育と研究を実質化するための拠点を開設しています。

学外の先生方との共同研究の場
①『子どもの学び研究所』

学内で地域の親子と触れ合える
②『子育て支援センター』

環境教育プログラムを開発・実践
③『環境教育センター』

南九大の子ども教育学科はココが違う!

  1. 大学と地域が力を合わせる連携学校園方式
  2. 保・幼・小・特別支援の資格・免許取得
  3. 1年生の前期からゼミスタート!

取得できる資格・免許等

  • 保育士資格
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 小学校教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状
  • 社会福祉主事任用資格
  • レクリエーション・インストラクター資

その他の主な資格・免許はこちらからご確認いただけます。

卒業後の進路

  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 小学校教諭
  • 特別支援学校教諭
  • 次世代育成支援に貢献できる人材 ほか

その他の主な就職先はこちらからご確認いただけます。

南九州大学で保育園・幼稚園・小学校・特別支援学校の資格・免許を取る意味

短期大学では幼稚園や小学校の2種教員免許状、4年制大学では1種教員免許状を取得することができます。保育士資格は共通です。1種免でも2種免でも職務内容は同じですが、4年制大学で資格・免許を取ることには、それだけの意味があります。

短期大学では、2年間が免許法上必要な科目を履修することだけでほぼ終わってしまいますが、4年制大学では、大学の個性に応じた独自のカリキュラムのなかに必要な科目を有機的に位置づけることができるため、専門についてより広く深く学ぶことができます。

南九州大学の場合、入学時にコースを決める必要がないので、ゼロ歳児から小学生までを見通して子どもの発達について学ぶことができます。また特別支援に関する科目を履修することで、子どものニーズに合ったきめ細かな保育や教育を行う力を養うことができます。さらに子どもの発達を支える地域や自然の役割について理論的・実践的に学ぶことができます。

こんにち親や子どもの生活が変化するなかで保育や教育の仕事に対する期待が高まり、保育士や教師はますます高度な専門性を求められてきています。南九州大学での4年間の学びは、こうした時代の要請に応えていくための大きな力になることでしょう。

⇒ 卒業後の進路はこちら

TOPICS

様々な活動を通じて、地域のみなさんと交流。
子どもや親とのかかわり方を体験的に学びます

子ども教育学科は、地域との繋がりを大切に、ボランティアや子育て支援など、「子育て支援センター」「環境教育センター」「子どもの学び研究所」の3つを軸に現場を体験する機会を設けています。
学生は子どもたちと笑顔で触れあうなかで、保育・教育現場が求める実践的な指導力を着実に身に付け、「なりたい自分」への第一歩を踏み出します。

子育て支援センター

地域の子どもたちやその親と接することができる学内の施設『子育て支援センター』。ここでは、地域の親子をサポートするために、さまざまな活動が行われています。

focus1.jpg

地域の子育て家庭を支える。

地域貢献として、学生の学びの場として、地域の親子を大学に招き、「子育てひろばみなみん」、「チャレンジ運動教室」、「あそびの教室」 など、 様々な取り組みを行っています。
参加する親子の笑顔と楽しそうな笑い声は、保育者・教員を目指す学生の活力になっています。年間を通して活動を行っている 取り組みもあり、子どもの成長を継続的に見守ることができます。

環境教育センター

子どもたちの健やかな成長に、自然環境とのふれあいが欠かせないと考える本学部は、学内に部附属の『環境教育センター』を設置。ここで学生たちは、身近な自然や暮らしを生かした環境教育をクリエイトする"センス"を磨きます。

focus2.jpg

自然環境のすばらしさを「遊び」で伝える。

地域の園児を大学に招き、子どもたちに自然のすばらしさ、面白さを感じてもらうことを目的としています。学生が多様なプログラムの立案・運営・実施のプロセスに、実践的・主体的に取り組むことで、保育者・教員志望の学生たちの環境教育への理解と指導力の向上を目指しています。
また、環境園芸学科の学生が専門の栽培技術を教えたりするなど学部間・学科間の双方向の学びを実現しています。

子どもの学び研究所

授業科目『子ども支援地域活動I・II』は、地域の子どもたちとの交流を目的に、運動会や『放課後児童クラブ』のお手伝いなどを行っています。

focus3.jpg

学ぶ楽しさを一緒になって考える。

地域の連携学校園の先生方と学生、本学教員が、ともに子どもたちの学ぶ楽しさについて考えています。子どもたちが「わかった」時に見せる笑顔に、学生は教える楽しさを実感しています。
また、教育実習の前後には、学生と研究員の先生方との対談を開催しています。実習前は不安を取り除き意欲を高める機会に、実習後は学生が自身の学びを振り返り課題を明確にする機会となっています。

ページ上部に戻る