新着情報
トップページ  >  新着情報  >  重要  >  南九州大学都城キャンパスにおける新型コロナウィルス感染症罹患者の発生について

南九州大学都城キャンパスにおける新型コロナウィルス感染症罹患者の発生について

2020年12月22日 更新

南九州大学都城キャンパスにおける新型コロナウィルス感染症罹患者の発生について

    12月21日(月)都城キャンパスに所属する本学学生1人が、新型コロナウィルス感染症に罹患していることが判明いたしました。濃厚接触者はPCR検査の結果、陰性が確認されています。
    感染が確認された方の一刻も早い回復をお祈りするとともに、学生の皆さんには憶測等で差別や偏見が生じないよう、冷静な行動をお願いします。
    本学都城キャンパスの対応について下記のようにお知らせします。

(1)集中講義及び補講について
12月21日(月)から12月26日(土)までの間に予定されている環境園芸学科の集中講義及び子ども教育学科の集中講義、補講については、12月21日(月)午後から(オンライン授業を除き)すべて延期又は中止とする。
(2)都城キャンパス学生のサークル活動について
学生のサークル活動については、12月21日(月)午後から当分の間、全面的に禁止とする。
(3)都城キャンパスへの登学について
学生の登学については、12月21日(月)午後から12月25日(金)までの間、禁止とする。
(4)都城キャンパス講義室等の消毒について
念のため感染の影響が考えられる講義室等の消毒を行い、更なる感染防止に万全の対策を講じることとする。
ページ上部に戻る