新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  食品開発科学科  >  「地域特産ブランド開発論」開講しました。

「地域特産ブランド開発論」開講しました。

2020年07月07日 更新

食品開発科学科では、今年度新たに「地域特産ブランド開発論」を新設しました。本科目は、食品

開発科学科と環境園芸学科の教員がオムニバスで実施します。昨年度、両学科で「ハーブガーデン

プロジェクト」を実施し、このプロジェクトを発展させた形で本年度からの授業となりました。この

授業は、食品素材の栽培方法を学ぶとともに、食品ロス削減の意識づけを行い、宮崎キャンパス食品

開発科学科と都城キャンパス環境園芸学科の学生の交流を深めることを目的としています。

コロナウイルス感染防止のために対面授業の開始が遅れ、第1~8回目の講義を集中講義として、令和2627日(土)・28日(日)の2日間実施しました。受講生は36名(3年生10名・4年生26名)で、食品開発科学科34名と環境園芸学科2名でした。今回の講義は、環境園芸学科 牧田先生と林先生の指導のもと、1日目は大雨、2日目は炎天下にも関わらず、学生たちは楽しみながらハーブガーデンをつくりました。受講生36名を6班に分け、各班に分かれてつくりました。今回の授業は、環境園芸学部附属フィールドセンターにも協力頂きました。

今後は、食品開発科学科の学生たちが、日々、きちんと管理し、立派なハーブガーデンになることを期待しています。

次回は、725日(土)に環境園芸学科の杉田先生がCapsicum属 (ピーマン・トウガラシなど)についての講義および調理実習等を計画しています。

0707地域ブランド01.jpgハーブガーデン造園の様子

0707地域ブランド02.jpgハーブガーデン造園の様子

0707地域ブランド03.jpgハーブガーデン造園の様子

0707地域ブランド04.jpgハーブガーデン完成!!

ページ上部に戻る