新着情報
トップページ  >  新着情報  >  環境園芸学科  >  収穫の秋「チャレンジ農園」の稲刈りを行いました

収穫の秋「チャレンジ農園」の稲刈りを行いました

2021年10月06日 更新

昨年に引き続き、令和3年10月3日(日)に、ベトナム人留学生達による「チャレ ンジ農園」(稲作部門)の稲刈りを行いました。6月13日の田植えから数えて、 112日目の収穫です。

本企画は、南九州学園の江夏由宇子理事のご厚意で、コロナ禍でアルバイト収入 が減った留学生そして、日本の農業技術を学びたい留学生のために、稲作体験の 「田んぼ」をご提供いただき、管理委託農家の松山様のご指導の下、随時、農業 機械の操作体験をさせていただくという趣旨で行われました。

松山様は、「乗って覚えよ」というご指導方法で、いきなりのコンバイン操縦で したが、留学生達は怯(ひる)むことなく、チャレンジしておりました。

留学生達は、「ベトナムで、この面積の稲刈りをする場合、家族総出で丸2日は かかり、天日干し・脱穀・籾摺りと、大変な時間と労力がかかるが、僅かな時間 で、刈り取り・脱穀・籾のトラック積み込み(自動)・乾燥(約10時間)・出荷 まで、一気に出来てしまう日本の技術は素晴らしい」「良い体験をさせていただ き、感謝しています」と語ってくれました。

松山様、長期間に及ぶご指導を賜り、誠にありがとうございました。 また、体験の機会と毎回のお弁当のご提供をいただきました江夏様をはじめ、ご 協力いただきました皆様に、深く御礼申し上げます。

収穫の様子
01_四隅の手刈り
02_応援団
03_4年生が2年生を指導
04_技能実習生_初挑戦
05_稲穂
06_組み立て①
07_組み立て②
08_籾積み込み②
09_籾積み込み③
10_籾積み込み
11_指導者(委託農家)�松山様
12_loiさん(4年生)チャレンジ農園も卒業
13_ビン君(2年生)お礼の握手
14_締めの挨拶
15_集合写真
ページ上部に戻る