臼杵 百恵さん
[メニュー][トップ]

卒業後の進路

健康栄養学部 管理栄養学科

臼杵 百恵 さん(宮崎県立宮崎大宮高等学校 出身)
山辺 敬祐さん

管理栄養士は、いつの時代も必要とされる存在です。
都農町役場(健康管理センター) 勤務(2013年度 健康栄養学部 管理栄養学科 卒業)

子どもから高齢者までを対象に、ライフスタイルに合わせた生活指導や健診業務を行っています。
日々、町民の皆様から食事に関する相談を受けます。お話を聞きながらご本人の最善の方法を一緒に考えるのですが、悩みを解決して納得して帰られる姿を見たときに喜びを感じます。そのおかげで今は仕事にやりがいを持ち、楽しく働くことができています。
食事は家族、身近な人、そして何よりも自分の健康をつくるためになくてはならないものであり、人を元気づけたり、幸せにする力もあります。管理栄養士はいつの時代も必要とされる存在です。
私もまだまだ勉強中ですが、この学びは必ず自分や周りの誰かのためになると思います。

健康栄養学部 食品開発科学科

山辺 敬祐 さん(熊本県立熊本農業高等学校 出身)
新谷 みどりさん

酪農家の皆様の喜ぶ顔が見たいから、今日も頑張ります。
熊本県酪農業協同組合連合会(らくのうマザーズ) 勤務(2019年度 健康栄養学部 食品開発科学科 卒業)

現在私は、生産本部経済部購買課というところで働いています。業務内容としては、酪農家の皆様を相手に乳牛の餌や資材を扱う仕事をしています。
餌を売るだけではなく酪農家の皆様の悩みや問題などを聞いて一緒に解決に向け動くこともあります。知らないことばかりで大変なことも多いですが、新しいことを学ぶ楽しさや酪農家さんに喜んでもらえた時のやりがいは大きいです。
南九州大学では実習などもあり、自分で新商品などを考えて製造を行うこともあり、たくさんの経験を積むことができました。皆さんも自分の限界を決めず、できることから一つずつクリアして、自身の可能性を大きく広げてください。

環境園芸学部 環境園芸学科

新谷 みどり さん(金城学院高等学校 出身)
佐藤 博昭さん

庭をつくるって、とても幸せな仕事です。
十勝千年の森 勤務(ヘッドガーデナー)(1997年度 環境園芸学部 環境園芸学科 卒業)

十勝千年の森は400haの広大な森林と農地から成っていて、ガーデンエリアは約50haあります。私は敷地の施設運営と維持管理を担当するヘッドガーデナーとして、ガーデンデザイナーや樹木のナーサリーなど、庭を支えるたくさんの人たちと一緒に仕事をしています。
私は南九州大学で学んだからこそ、庭の世界との縁を強めることができたと思います。庭づくりにおいて、専門的な学問の基礎を大学で経験出来ました。
「庭は、地球上で最も幸せな場所。ガーデナーは、地球上で最も幸せな仕事」。これは私が研修生たちや修業中のガーデナーたちに伝える言葉です。
後輩となる皆さんが美しい風景や庭を支える"つくり手"として活躍することを、心力ら応援しています。

佐藤 博昭 さん(福岡県立福岡農業高等学校 出身)
宮谷 佳寿子さん

4年間の濃い時間が、今の私を支えています。
福岡県立糸島農業高等学校 勤務(農業教諭)(2016年度 環境園芸学部 環境園芸学科 卒業)

現在は、農業高校で3年生を担任しています。授業では、どのように工夫すれば自然や植物が持つ仕組みや現象をうまく伝えられるか、それを考えることがたいへんおもしろいです。
大学では、農業の勉強に加えて、サークル活動やアルバイトなどを通してさまざまな経験をさせていただきました。サークルや研究室の友達とは、日ごろから意見交換を活発にしていて、その経験は教員となった今も大きな自信につながっています。教育観や現代の課題、授業方法の良いあり方を学生のうちから考えていた事は、今につながっていますし、よく話し、よく遊び、よく考え、よく感じた事が教員である私の根幹を育ててくれたと思います。

宮谷 佳寿子 さん(鹿児島県立市来農芸高等学校 出身)
澤口 聖さん

大学での学びを活かして、地元に貢献したい。
志布志市役所 勤務(2018年度 環境園芸学部 環境園芸学科 卒業)

在学中に取得した資格を活かし、今度は私が地元に恩返ししたいと思い、これまで学び育ててもらった志布志市の市役所に就職しました。
入庁してから、希望していた生涯学習課に配属され、社会教育係で成人式や子ども会、青年団の担当をしています。参加する子ども達の成長した姿を見たときは、やりがいを感じますね。
南九州大学は、他大学と比べて学生数が少ないですが、その分、先生方から講義や研究を親身にご指導いただける点が良いと思います。また複数の資格取得が可能なため、就活時だけでなく就職先でも大きな自信となります。
百聞は一見にしかず。まずはオープンキャンパスで、自分自身で見て聞いてこの大学の良さを感じてみてください。

人間発達学部 子ども教育学科

澤口 聖 さん(宮崎県立都城農業高等学校 出身)
澤口 聖さん

「楽しかった!」「またやりたい!」子どもたちのその声が、私の力になる。
社会福祉法人麦の芽福祉会むぎっこ保育園 勤務(2019年度 人間発達学部 子ども教育学科 卒業)

私は今、保育士として3?4?5歳児を担当しています。日々、保育をしていくなかで大切にしていることは、子どもの気持ちを一番に考えること。遊びも子どもを主体に考えるようにしていて、「楽しかった!」「またやりたい!」という声を聞けると、とてもうれしいです。
在学中に講話に来てくださった男性保育者の方のお話を聞いたことが、保育土を目指すきっかけになりました。保育園は女性の多い職場であり初めは不安もありましたが、保育士としてのやりがいや楽しさを話してくださったことで、保育士になりたいという気持ちが高まりました。
南九州大学は学びの場としてとても良い環境です。皆さんも4年間を大切にして、夢に向かって頑張ってください。