南九州大学は、「食」「緑」「人」に関する基礎的、応用的研究をすすめ、専門分野において社会に貢献寄与できる人材を育成します。

学部学科・大学院
トップページ  >  学部学科・大学院  >  健康栄養学部 食品開発科学科
新着情報一覧RSS一覧表示
2017年07月19日 「食事体験実習」をフレッシュマンアワー授業として行いました
2017年07月06日 宮崎南高校フロンティア科「総合科学」研修を実施
2017年07月05日 学年間交流を目的としたバレーボール大会を開催しました
2017年07月05日 「フランクフルトソーセージ作り」で特別講師による実習授業を開講しました
2017年05月31日 宮崎農業高校との第8回高大連携研究開始式を行いました

食品開発科学科 講義・実験風景

食品衛生学実験Ⅰ

食品衛生学実験Ⅰの講義・実験の様子

食品の安全性に必要な微生物検査のための器具の準備、使用法、ガラス器具の取り扱いと滅菌法などの基本操作から微生物培養の基礎的実験操作を体得させています。

試験試料として、ヒト常在細菌、飲料水、魚肉食品類等を試供して、試料調製、一般細菌用培地調製と細菌培養法、大腸菌群細菌の判別培地の調製と培養検出法などを実験によって体得させます。


食品開発実習

食品開発実習の実験の様子

食品開発科学科では、麺類、豆腐、味噌、調味料、菓子類、かまぼこ、バター、ソーセージなどいろいろな食品の加工技術を学びます。

更に、消費者ニーズに対応した商品化を目指して、学生自ら創造したオリジナル加工食品を開発しながら、その製品について、官能検査、成分分析、微生物、アレルギー、及び機能性試験を行っています。(動画はカステラづくりの様子になります)

学科紹介

学科の特徴 Point.1 従来の食品製造分野をさらに進化・飛躍 従来の食品製造の分野から、食の安心・安全や食品の機能性への理解を深め、さらに消費者の視点

研究室紹介

食品の開発・加工 おいしく創る(開発者の立場) 食品素材の本質を見極め、三つの機能(一次:栄養、二次:嗜好、三次機能:生理)を最大限生かすことが食品開発・加工で

カリキュラム

食品のスペシャリストを目指す。 消費者ニーズの多様化により、近年、食を取り巻く環境は大きく変わっています。 安心・安全で機能性に富み、さらに美味しい食品をつ

取得できる資格

食品衛生管理者・食品衛生監視員 民間・行政の各立場から 食品衛生の管理を 食品衛生管理者は、食品メーカーや工場など民間企業内で、食品の製造過程を衛生的に保

在学生の声

在学生の声 萬條 竜二 さん (宮崎県立 宮崎農業高等学校 出身) 日野 遥香 さん (大分県立 玖珠美山高等学校 出身) 境田 史尚 さん (

教員紹介

山下 博 教授 寺原 典彦 教授 外山 英男 教授 紺谷 靖英 教授 中瀬 昌之 教授 岡崎 善三 准教授 矢野原 泰士 准教授 野口 賀津子 助手

シラバス

食品開発科学科 専門教育科目 食品開発科学概論 生物化学I 生物化学II 有機化学総論 食品分析学 微生物学 生理学 食品学I 発酵食品学 調理学 適性家畜

求める学生像(アドミッションポリシー)

健康栄養学部食品開発科学科 教育目標および学位授与方針に掲げる人材を育成するため、高等学校などにおける学修を通して、基礎学力および主体的に学習する態度を身につ

ページ上部に戻る